GariGari-Studio

たばこベイパー JTプルームテックとは?全国発売は2018年!

time 2016/05/09

みなさんはJTの電子タバコ 「Ploom TECH プルームテック」をご存知でしょうか。
Ploom(現在は生産中止)とういう商品は以前から販売されていたようですが、それを新たに進化させたプルームテックが2016年3月より福岡市内限定で販売されています。

・・まったく知りませんでした・・
昨今の爆発的な「iQOS アイコス」人気の影でプルームテックなどという電子タバコが販売されていたなんて・・。しかも販売元は天下のJTさん。と、いうことは?

そうです!我らがマイルドセブン(メビウス)のJTです!
私は現在アイコスとメビウスモード6を併用しております。喫煙暦からすれば長年の友はマイルドセブン(メビウス)。今はようやく慣れたマルボロオンリーのアイコスですが、JTの銘柄も販売してくれないかな~と常々思っておりました。そんなところにプルームテック登場のお知らせ!。これはと思い、色々と調べてみることにしました。

ふむふむ・・JTのサイト【プルームオンラインショップ】からPloomTECH スターターキットなるものが通販できるようになっていますね。詳しい購入方法・登録についての記事はコチラ。これはいい!わざわざ福岡に行かなくても購入できます。早速、買う気満々でいざオンラインショップへGO!うきうき わくわく~♪

 

チーン!・・・2016年5月10日現在

えっ!売り切れ?なにそれ?アイコスと一緒じゃん((( ;゚Д゚))))

しかもアイコスと同じように値引きキャンペーンを行っていまして、定価4,000円のところ2016年5月末まで2,000円で買えちゃいます! アイコスの半額以下じゃん!・・

まったくもってアイコスと同じではないか!
ナゼこの時期で二つのタバコ会社が同時に品切れを起こしているのか?しかも3月から発売されてるなんて聞いてなかったぞ!そして、なぜ福岡限定なの?全国販売は?そんな謎や疑問がつきまとう新商品プルームテックについて紐解いていくことにします。
※ 未成年者の喫煙は法律で禁じらています。閲覧は控えてください。

 


NEWS!5月23日更新!
公式オンラインで抽選が始まります!そして東京販売日も決定!

プルームテックを当てよう!抽選予約の応募方法はコチラ【6月2日より】

PloomTECH(プルームテック)東京ガイド!予約から購入までをカンタン解説

スポンサーリンク

ぶっちゃけ プルームテックとは何ですか?

JT(日本たばこ産業株式会社)が販売する「たばこベイパーツール」です。
TobaccoVapor(たばこベイパー)とはタバコ葉由来の成分を含む霧状のものをいい、紙巻タバコのように葉っぱを燃やして、その煙を吸うものではない。灰や煙〈副流煙)が出ない、タバコ独特のイヤな匂いもしない。まさしく現代社会にふさわしいスマートな喫煙スタイルを提供する次世代タバコなのであります!

プルームテック、スターターキット(2016.5月現在 4000円)の中身

たばこカプセルとカートリッジ(2016.5月現在 460円)の中身

このプルームテックを使用するには「専用バッテリー」と「たばこカプセル」がいる。USBチャージャーで充電した専用バッテリーにカートリッジとたばこカプセルを装着。カプセル側から吸い込み、ベイパーの香りを楽しむという構造。

カートリッジとたばこカプセルはセット販売で現在460円(2016.5月)。スターターキット購入後はこの「たばこカプセル」だけを買えばいいというわけです。1箱にカートリッジ1本とカプセル5個が入っており、カプセル1個で約50パフほど吸える。※1パフ=1吸いと捉えてください。

個人差はありますが、私でいうと紙巻タバコ1本で10回くらい吸います。ということはタバコカプセル1個で紙巻タバコ5本分換算。1箱で5個入っているので、通常の20本入りタバコと同じ計算になるかと思います。コスパ的にも問題は無さそうだし、値段も紙巻きタバコと一緒ですね。(銘柄によって違いますが)

現在の銘柄は「メビウス・フォー・プルームテック」だけですが、これから全国展開していけば種類も増えていくかと思われます。しかし、なんといってもマルボロオンリーのiQOS(アイコス)と違い、マイルドセブン(メビウス)派の方々には要注目の商品だ。
左からレギュラー、メンソール、メンソール(ぶどう味)

人気のiQOS(アイコス)との違いは?

フィリップモリスのiQOS(アイコス)に先を抜かれつつあったJTさんだが、いよいよ本気を出してきましたね。しかしアイコスの二番煎じというわけにはいかない。JTのプライドにかけて何がアイコスと違うのかというのを検証したいと思います。

 

値段はプルームテックの勝ち

アイコスは現在、希望小売価格が9,980円。値引きキャンペーンで約5,000円ほどになります。一方、プルームテックの希望小売価格は4,000円!(キャンペーンで2,000円)と約半分ほどの開きがありますね。これはデバイスのコストや構造の問題で変わってきますが、単純に「加熱式タバコ」が欲しい!という観点からみたらプルームテックに軍配が上がります。しかし、値段相応なのかは最終的にユーザーが決めるものです。

 

味、香りはアイコスか?好みの問題だが・・

プルームテックとアイコスの大きな違いはダイレクトにタバコ葉を使用しているのか?というのが挙げられます。アイコスのヒートスティック(ほとんど紙巻きタバコ)は独自の加熱方法で水蒸気(ベイプ)に生成します。

たばこ葉自体を使用するので味や香りは強い傾向にある。ではプルームテックはどうかといいますと、カプセルというタバコ葉の成分を水蒸気と一緒に吸い込む仕様。葉っぱ自体を直接気化しないので、タバコ本来のガッツリ感はアイコスに軍配が挙がるかと思います。巷でよく聞く話では、アイコスよりはタバコらしくないという意見が多い。逆に禁煙にシフトしていきやすいと私個人は考える。

 

しかし、これらは好みの問題も左右されるかと思います。
銘柄もありますし、吸い方次第で味や香りも変わるでしょう。一概にどちらの味が良いというのは甲乙つけがたい。アイコスもプルームテックも同じニコチンを主成分とした電子タバコです。ただ紙を燃やさないので雑身がなくクリアな味なのは確か。それが旨いか不味いかは私では決められません・・。

 

使い勝手はプルームテックかも!

まずはアイコスですが、使っていて面倒なのが掃除です。灰が出ない分、清潔感はありますが、葉っぱやニコチンの汚れがホルダーに付いてしまい掃除を余儀なくされるんです。掃除キットが付属してるくらいですからね。

あとはプルームテックに比べて大きい。吸ってる最中に落としてしまうことも多く、しっかり指で固定しなければならない。チャージの待ち時間も億劫なことがあります。しかしこれは慣れてしまえば問題ないです。プルームテックはアイコスより丸くて細い

画像を見るに丸筒状で紙巻タバコより少し大きいかなというサイズ。少なくともアイコスよりは小さくて持ちやすい。タバコカプセルもプラスチックで覆われていて汚れも付きそうにない。なにより「タバコを持ち歩いてない感」がすごい。一見するとボールペンか化粧道具のようなスタイルで女性受けも良さそうだ。

それとアイコス同様に吸わない間はペイパー消耗はしない。吸いたい時に吸いたい分だけ吸える。しかしアイコスは1回チャージャーすれば吸わなくても電力は消耗しますが、プルームテックは電力を消耗しません。これも大きな評価ポイントの一つでしょう。

USBでの充電時間は約1時間半ほど。赤いランプが消えたら充電完了

充電は専用ACアダプタに付いているUSBソケットに挿すだけ。アイコスのように専用ガラケー充電器はいらない。充電目安は約1箱分(カプセル5個使用)。ヘビースモーカーの方なら充電環境が整った場所でないと連続使用は難しいかもしれません。

私個人としては「プルームテックで節煙をする」よい機会なのでは?と考えています。アイコスを吸ってから紙巻タバコを吸うとよく分かるのですが、そのあまりの煙たさに「もう煙は吸いたくない」と感じるようになってきました。

 

電子タバコやVAPEで代用ができる!

プルームテックとアイコスの大きな違いはまだあります。アイコスは機構が複雑でタバコ葉を専用ホルダーで加熱するのですが、プルームテックはほとんど電子タバコです。なので、ベイパーさえたばこカプセルを通れば「喫煙」は可能となります。いち早くプルームテックを試されたい方は覚えていて損はないと思います。

 

全国での店頭販売はいつになるの?

速報!プルームテックが東京で今年6月に発売開始だ!


欲しくても吸えないプルームテック君・・。
2016年5月末で値引きキャンペーン終了なのに在庫切れ。上記でも書きましたがiQOS同様ですよね。これらは企業からしてみれば機会損失という重大な利益損害にあたります。こんなことを長い期間放って置くわけはなく、少なくてもアイコスの方は今月下旬ころに在庫復活が予想されます。

値引きキャンペーン中に出荷が間に合わなければ期間を延ばすことも考えられる。もしくはクーポンコードの適用期間が延長になるかもしれない。

そして問題はプルームテックである。
現在は福岡市内限定でのテスト販売を行っている模様。iQOSでも主要都市で販売する前に名古屋市内限定で販売されていました。タバコという代物はテレビ広告が打てないので新商品が出ても情報が浸透しない性質を持つ。逐一タバコについてネット検索する人もそうそういないだろう。なので、最近になってアイコスを知ったという方は多い。

iQOSでさえやっと世の中で認知されてきたのに「PloomTECH」という商品が巷に知れ渡るにはまだまだ時間がかかるでしょう。テレビなら一発なんですけどね(笑)

私の予想ではiQOSの人気でプルームテックに火の粉が降りかかった。予想だにしなかった凄まじい通販注文で工場がパンク。テスト販売でマーケティングを兼ねていただけに、使用者から報告された脆弱性も修正しなければいけない。このまま売り続けたら信用も失ってしまう。なので一時生産を停止させ、新たに商品を見直す機会を作らざるをえなかった・・というところか。

予期しない事態(iQOSシナジー)のせいで当初の全国販売計画よりも早くなりそうだ。キャンペーンも全国販売に先立って間違いなく再び行うだろう。

さて、iQOSやプルームテックが時代を変えつつあります。スマートベイパーが増えれば副流煙・受動喫煙撲滅を謳う嫌煙家も行き場を失うでしょう。しかし私たち喫煙者のリスクは今までと何も変わりません。少なくとも吸わない人への配慮という点においては素晴らしい商品です。「吸う人も吸わない人も、心地よい世の中へ」の到来は目の前です。

追記(7月8日)
この記事は5月投稿なので、現在は状況が大きく変わりました。ちょうどプルームテックの再販予約が終了したところです。私も予約をしたのですが、いつ購入できるかはまだ分かりません。今後JTより購入可能日のメール連絡が来ます。遅くても10月下旬には購入したいですね。正直、待てずに通販ショップで買っちゃうかもしれません。アイコスも相変わらずコンビニではなかなか買えませんしね。

やはりこれだけ「たばこベイパー」に注目がいってるということは「喫煙マナーを向上させたい」方が多い証拠だと思います。分煙制度、路上喫煙防止条例は今後益々広がっていくでしょう。その分、私たち喫煙者も吸わない方への配慮が必要になってきます。それにしても、まだまだ在庫は足りないです。

アイコスが2014年に名古屋でテスト販売をしてから、約1年後に主要12都市で全国展開をしました。それを踏まえてプルームテックを考えると、来年の春までにはなんとか全国展開を期待したいところである。

PR

 


 

スポンサーリンク

「GARIGARI」で10%OFF

「GARI」で10%OFF

CATEGORY