GariGari-Studio

何故ダークソウルシリーズにハマるのかを考察する

time 2015/12/12

私がソウルシリーズをプレイしてから早5年ほど経ちました。デモンズソウル、ダークソウル、ダークソウル2、そしてブラッドボーン。

この4つはゲーム制作会社フロムソフトウェアのアクションRPGゲームです。ファミコンからのゲーマー暦30年ほどになりますが、これほど手に汗握る、そして現実社会よりも素晴らしいと思える達成感はかつて経験したことがありません。

この壮絶で退廃で無秩序で悦楽な至高のゲームをソウルシリーズファンのみならず、あらゆるゲーマーにお伝えしたいが為、筆をとることにいたしました。まずはフロムの方々に感謝を。そして私の人生を有意義なものにしていただいた警句は忘れません。

 

「我々に手を出すな。であれば、貴様らに何をすることもない・・」
-Demon’s Souls ガル・ヴィンランド

 

スポンサーリンク

未知との遭遇

ソウルシリーズといえば、デモンズソウルが根幹と言ってもいいでしょう。全ての主流なシステムはここから始まりました。高難易度・達成感・斬新なオンライン対戦など、最新のブラッドボーンまで続く大事な要素です。最初、デモンズをプレイした時はあまりにも理不尽な難易度で2回ほど売りに行きました。評価が異様に高く、世評に流されやすい私としては「何故おもしろいのか分からない」状態。やむなく攻略サイトを見て最初のステージをクリアした瞬間は今でも覚えています。そう、ファランクスのトロフィー。

このようにソウルシリーズは他のRPGとは違い、敷居の高さというものが設定されています。つまり、「プレイする人間を選ぶ」というエンターテイメントサービスを真っ向から否定しているのだ。いらないなら売ればいい。付いてこれるやつだけ世界を見せてやる。そして世界を垣間見た私は逃れる術を知らず、現在も住人であります。

さて、このゲームは高難易度がウリのように謳われていますが、実際はRPGらしいRPGを提供し続ける数少ないゲームだということを知っていただきたい。未知との遭遇だ。本来ならば、どこぞの村へ行き誰々を探せ!とか、魔王を倒すのじゃ!とか目的というものが少なからずあるのだが、このゲームは違う。「自分で探せ」である。

場は用意してある。後はご自由に・・。
これはスカイリムのようなただ「広いだけ」ではいけない。世界感は肌で感じられる程度で十分であり、後は各々プレイヤー自身が開拓していってほしいという表れだと思う。フロム脳という名詞がある。多くは語らない、言葉の断片で創造し解釈をして自分なりの世界を構築していくことを意味する。そこに目的はなく、いったい何のために?俺はこの世界にいるんだ?こっちのステージは敵が強すぎる・・あっちに戻ろう、え?ここに出れるんだ!やったぜ!。まるで少年時代を思い起こしてくれそうなゲームである。

火防女?闇朧?・・なんて読むんだ・・。え?コレ訓読みなの?など難しい名前群。うわぁ・・ゼッテーボス部屋だぜきっと・・。どうしよ・・イっちゃえ!・・あれ?ちょっ!待っ・・、ちょっ!っと、もぉおっ!マジか!? YOU DIED・・。

 

「素晴らしいじゃあないか・・存分に狩り、殺したまえよ・・」
-Bloodborne 連盟の長 ヴァルトール

 

アメとムチの絶妙なバランス

とにかく、よく死ぬ。死ぬのだ。死んで死んで死にまくるのがソウルシリーズ。死ぬならまだしも「振り出しに戻る」のがまた高難易度というものに拍車をかけている。

しかし、どうだろう?見えるだろうか・・チャレンジし続けてしまう自分がいることに。
対価が欲しいのだ。目の前の苦難の先に「ご褒美」があることは知っている。

そのご褒美目当てに戦うのである。それは素晴らしく性能がある武器か、はたまた夢の世界が待っているかもしれない。そう思うと死んでもチャレンジせずにはいられない。それが達成感に繋がっていくわけだが、簡単にクリアできれば得られないことは明白。

あと一歩!というギリギリのラインで寸止めされることが多いこのゲームは人の感情をコントロールできることをよく知ってる。妙技というほかない・・。

そして、安全地帯を作るというのも理にかなっている。プレイヤーにしては精神的苦痛の戦闘に安堵感を与え、再び舞い戻るであろう修羅場へと意欲を掻き立たせてくれる。炎のロングソードやアストラの直剣などのように序盤で手に入る「初心者救済」があるのも嬉しい。「イけるかも」感が出て、ビギナーに門を広げてくれている。

ただ難易度が高いだけではここまでファンを魅了しない。そこには制作者の職人魂で成せる技が所々に散りばめられているのだ。芸術品といってもいいくらいの出来である。
たがだかゲームが・・なんていう時代はもう終わっている。ヘタな映画よりか美術的で耽美だし、GTA5など大作になれば制作費は映画以上である。

もはやバーチャルや現実といった垣根など存在しない。私はここまで「生きている」という実感を味わえるゲームなど他にプレイしたことが無い。

 

「お互い生きてたら、またどこかで会えるかもね」
-DarkSouls2 石売りのクロアーナ

スポンサーリンク

「GARIGARI」で10%OFF

「GARI」で10%OFF

CATEGORY