GariGari-Studio

ぶっちゃけプルームテックってアイコスより何が良いの?

time 2016/07/20

 

アイコスとプルームテックのどちらを買おうか迷ってるアナタへお伝えします。正直、比較しようにも「二つは似て非なるもの」。そもそも両者は同じタバコベイパーツールなんですが、構造も味も違います。まったくの別物と思ってください。

第一にアイコスの場合はタバコ葉を直接加熱するのでタバコ満足度でいえばプルームテックの比ではない。アイコスの満足感でいうなら、紙巻のメビウスモード6(タール6mg)と同等か若干アイコスのほうがキツイです。連続で吸うとニコクラしますしね。一方、プルームテックは「禁煙補助」の趣が強い傾向にある。

ニコチン含有量は低く、電子タバコ(Vape)に近い感覚だと私は感じています。しかし、昨今の二大人気である二つのたばこベイパー、アイコスとプルームテック。メリット・デメリットは双方にあることでしょう。

ここでは実際にプルームテックを使用したうえで
「アイコスとは違う利点(メリット)」についてお話します。

 

スポンサーリンク

アイコスとの違いを教えてくれ

アイコスとプルームテックはお互い「たばこベイパー」というスモーキングデバイス。タバコ葉を燃焼させずに加熱し、そして蒸気を発生させる。紙巻タバコのように煙は出ませんし、匂いも少ない。主流煙はおろか副流煙も出ないので「吸わない方への配慮」に長けた優れた商品なのです。

希望小売価格はアイコスが9,980円プルームテックは4,000円という決して安くはない値段。アイコスは新型2.4plusも含めて割引キャンペーン中。プルームテックの初期割引(2,000円)は残念ながら終了しました。

プルームテックは現在、東京と福岡のみでの販売です。全国販売は2018年上期。通販でも購入可能ですが、現在はプレミア価格なので軽々しく手に入りません。今後の安定供給並に期待しましょう

そしてプルームテックとアイコスは構造、味、ランニングコスト、コスパなどが大きく違います。詳しい内容については私の以前の記事を読んでみてください。ここではプルームテックがアイコスより「いかに良いのか?」ということについてお伝えしようかと思っております。巷の評判ではiQOS一色なので、プルームテックも負けてはいられません!

 

 

一時停止できる!思い立ったらすぐ吸える!

大きな違う点はこれが一番だと思いますね。
アイコスは「吸おうかな・・」と思い立ってから吸うまでに約30秒ほど要します。ヒートスティックを取り出してホルダーに挿す、ボタンを押して約15秒・・大体トータルで30秒くらい。

しかし、プルームテックは「1秒」です。サッ、スー、ハーです。しかも2,3回くらい吸って「一時停止」が可能。再度1時間後に続きの状態から吸えるんです。別に1時間後でなくても明日でも明後日からでも「続きから」吸えます。

アイコスはヒートスティック1本という定義があるので、1本吸うまで1本に縛られる。例えばですね・・アイコス派とプルテク派の二人がタバコ休憩してるとします。そこに突然上司がやってきて「おい!何、油売ってんだ!お客さん待ってるぞ!早く来い!」ってなったとします。

二人は喫煙を中断して慌てて仕事に戻るわけなんですが、アイコス派は3吸いくらいしただけで、ボタン長押しで電源を切る。そして、あの固いホルダーキャップをスライドさせてヒートスティックを灰皿へ捨てる。且つホルダーをチャージャーに装填。そして仕事場へ戻る。

一方、プルテク派はどうでしょう。吸ってる状態でササっとケースにしまい、戻るだけ。しかも、次の休憩時に中断した途中から吸えます。ナイスこのうえない。

 

吸殻が出ない!掃除しなくていい!(ほんとコレ)

アイコスは灰が出ませんが、吸殻は出ます。ほとんど紙巻タバコと一緒ですよね。吸おうと思ったら灰皿がある場所でしか吸えないですし、あるいは携帯用灰皿を持ち歩かねばならない。これでは紙巻と何も変わりません。次世代タバコが聞いて呆れるってもんです。

一方、プルームテックはどうでしょう。主に発生するゴミは「カートリッジ(金属)、たばこカプセル(プラ)、箱(紙)」です。以外に分別がめんどうである。しかしこれらは1箱分吸ってからのお話。喫煙時ではゴミは発生しません。たばこカプセルの交換はあるかもしれないですが、小さいプラスチックなのでケースにしまっておけます。アイコスのように臭くてベタついた吸殻は一切発生しません

そしてプルームテックがアイコスより優れている点はまだまだあります。タバコ葉を直接加熱するアイコスでは、構造上どうしても焦げた葉っぱがホルダーに溜まりやすくなる。放っておくとヒートブレードの故障原因になるので掃除は必須。これが思ってるよりかなり億劫なんです!。

しかもアイコスは機構が多いために壊れる可能性がかなり高い。その点、プルームテックは機構も単純だし掃除をする必要は全く無し!清潔感は高い。

 

女性にはオススメ!煩わしいボタンはありません!

アイコスは電源ボタンや充電メモリ表示、さらにクリーニングボタンという「一見多機能だが煩わしい」というのがある。その点プルームテックは約1箱分(たばこカプセル5個)充電すればいいだけなので、後は好きなように吸うのみ。単純に吸うことだけに集中できます。

表示があるとすれば、青いLEDランプ点滅でのカプセル交換のお知らせのみ。めんどくさがり屋さんや女性にとっては、非常に易しい仕様となっています。単純明快こそがプルームテックの強み!

そしてアイコスよりも軽い!
アイコスはややズッシリしてますよね? プルームテックは体感でアイコスの約4分の1程度。キャリーケース込みでも軽いです。かといって見た目がショボくないところがまたステキ!。返って機構の多いアイコスですが・・正直、ヒートスティックを外す際のホルダーキャップが硬すぎる!

あまり強くやると割れるんじゃないかと思うくらい硬い。男性の私でも硬いと思うのに、女性だったら外せない恐れもある。まだまだアイコスは改良しなきゃいけない点が多いです。Twitter見てると故障のつぶやきは後を経たない・・。

 

匂いが全く無い!ほぼ無臭!てか空気

プルームテックはアイコスのように直接葉っぱを加熱しません。水蒸気が「たばこカプセル」というトンネルをくぐるだけ。ですが、たばこカプセルを直接嗅ぐと匂いはします。レギュラーだったら芳ばしい匂い。メンソールならハッカ臭など。しかし、5cmほど鼻から離すと「まったく匂いがしません」。そして、吐いたベイパーの匂いはというと・・「全くの無臭である」。それでいて味わいが有り、鼻から通る香りも健在!

いったいどういう技術が使われているのか謎ですが、恐ろしいくらいに「匂わない」です。私は一度、車内(窓を閉めた軽自動車)で15回ほど吸ってみました。その後、カミさんに車の中に入ってもらったところ・・「まったく匂わない」らしい。

一方、アイコスはというと・・「完全に匂う」そうです。それも魚が腐ったような生臭い匂い・・。まだ紙巻タバコ臭のほうがマシだという(そこまで言うか!)そのくらいのレベル。なのでプルームテックはもはや空気であります。

 

 

ベイパーやフィルターが熱くならない!

アイコス吸ってる方ならベイパーやフィルターが熱くなることは知ってると思いますが、コレって割と低温ヤケドになるんじゃないかと思うほどのレベル(私だけかな・・)。そのために唇がよく乾燥しますし、フィルターが唇にくっついてヒートスティックが出てきちゃうんですよね。

プルームテックの場合はベイパーもカプセルも熱くならない。
連続で吸い続けるとカートリッジが若干温かくなりますが、アイコスほど熱くはなりません。正直、アイコスの方が熱すぎるんだと思います。冬場はいいですが、蒸し熱い夏場なんてメンソールがメンソールでなくなるほど。やはり夏場はプルームテックのクーラーグリーンが最適なのではないでしょうか。

 

アイコスより断然美味しい!しかし・・

これは特集記事がありますのでコチラをどうぞ

 

プルームテック推しが長くなりすぎたので、ここでページを分けさせていただきます。よろしければ次ページもどうぞ。

スポンサーリンク

CATEGORY