GariGari-Studio

アイコスは受動喫煙による死亡者数を止められるのか?

time 2016/05/31

本日(2016年5月30日)、厚生労働省は「受動喫煙による死亡者数が年間1万5,000人と推計されることを発表した」らしいです。なんですかこの数字?なんなんですかこの数字は?発信源はフジテレビのFNNニュース。どうもガゼネタじゃなみたい。しかし、こんなとんでもない数字を見せ付けられて喫煙者の方々はどう思ってるのだろう・・。そしてどういうデータでこの数字が出たのか?・・喫煙者として少し考えてみる。

とりあえず要点は以下 原文ママ。

受動喫煙の影響で死亡する人が、年間1万5,000人と推計されることがわかった。厚生労働省の研究班の調査によると、非喫煙者で、家族や職場の同僚が喫煙している場合、受動喫煙が原因で死亡する人は、年間1万5,000人と推計されるという。
前回、2010年の調査では、6800人と推定されていたが、今回の調査で、倍増したことになる。これまで、受動喫煙は、肺がんや心筋梗塞などに因果関係があるとされていたが、前回調査以降、脳卒中やSIDS(乳幼児突然死症候群)にも因果関係があるとされたため、大幅に増えたという。厚労省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、受動喫煙対策を強化する方針

 

引っかかる部分は厚生労働省の調査の「推計」だということ。これらは推計であり統計ではない。つまり、起こったことではなく、起こりうるという話です。ん~、どういう調査手法なのかは疑問ですが・・。では受動喫煙で死亡すると思われる方を挙げてみました。まずは喫煙者の近親者(家族・知人・職場の同僚など)は一番受動喫煙をしやすい環境にいますよね。続いて飲食店やコンビニなどの閉鎖的な環境下での受動喫煙。他にも現実的ではありませんが、換気扇から排出される副流煙が空気中を漂い、ゆくゆくは街を歩いてる人々に受動喫煙をさせるということもありえる。

挙げればキリが無いほど、いや極論を言えば「普通に空気を吸ってるだけで受動喫煙」である。外で吸ったタバコの煙がどのように分散され、10km離れた地域にタバコ葉由来の発ガン性物質が検出される可能性はあるのか?そんなことよりも車の排気ガスのほうがよほど危険ではないのか。よって「空気感染(受動喫煙)」はしないものと定義する。受動喫煙問題とは近親者並びに近辺者だけとして考察します。

スポンサーリンク

受動喫煙が原因で死亡するという意味

smell.jpg

受動喫煙とは喫煙者がタバコを吸って吐く息(副流煙)を吸い込むことである。意図しない喫煙とでもいおうか、あるいは嫌煙者からしたら毒ガスみたいなものだろう。しかも喫煙ではフィルターから吸い込む煙(主流煙)よりも、吐き出される副流煙のほうに有害物質が多く含まれている。下の図は厚生労働省の最新たばこ情報なるサイトから引用。

s_f.jpg

これでもか!と言わんばかりに副流煙のほうが圧倒的に有害物質が多い。※ このデータがどこで検証されたかは不明。つまり受動喫煙で死亡するというフラグは副流煙を吸うか吸わないかで決まる。ただし、吸うといってもいろいろある。深呼吸したり、会話程度での吸い込み具合でかなり振り幅が大きいだろう。しかし副流煙で死亡に至るには、かなり継続的、且つ閉鎖的環境下でないとよほど無理な話ではないだろうか?。

もし、閉鎖的環境下で副流煙を長年吸い続ければ、過度なストレスも当然ながらある。吸いたくもない煙を吸わされ続けるわけですからね。やがて歳が経てば病気になり、ガン・脳卒中、心筋梗塞、糖尿病・・そのどれもが喫煙という原因が挙げられます。喫煙経歴があるならば「もちろん原因は喫煙」。では喫煙や飲酒経歴が無い方は?。例えばお医者さんが 「近辺者に喫煙者がいないかを尋ねる」かもしれない。もし、いたならば?

受動喫煙での罹患確定である。
データは厚生労働省へ渡り、今回のような推計が発表されることになってしまう。つまり、憶測ではあるが、死亡率の高い病気が増えれば増えるほど、言い換えれば「高齢化社会」になればなるほど「受動喫煙での死亡率は高くなる」。これは単純に統計学の問題だということだ。死亡率の高い高齢者世代の「喫煙率・喫煙暦・所帯・職歴」などを調べれば、受動喫煙での死亡者推計1万5000人など少ないかもしれない。

 

受動喫煙をさせない環境が課題

smels.jpg

喫煙人口は毎年減少傾向にあるが、およそ1,500万人(平成26年度JT提供データ)の方々は現在も喫煙者である。まだまだ10人に1人は吸っているのが現状。そう思うと「推計、1年間で1万5,000人が受動喫煙で死亡」は啓発にしては軽いほうだというのが分かる。約1000分の1人の喫煙者の近辺者であるからだ。統計でいえば死亡者数が多い60代以降のデータが多いだろうから、環境も限られる。

私個人の推測ではあるが、60代以降の喫煙者は喫煙マナーを知らない、あるいは慣れていない方が多いように思われる。ポイ捨て・歩きタバコ・かつて病院敷地内に喫煙場所があったという「時代」を生きてきた世代。バスの座席にはもちろん灰皿があった時代。サスペンスドラマの凶器は特大灰皿がデフォルト。そんな時代であった。

私の生まれた環境もそうであった。現在30代後半から上の世代は「親父は常にタバコを吸っていた」方が多いのではないだろうか。赤ちゃんのころなんて居間に寝かされ、そこで当然のように親父(または祖父)はタバコを吸うのである。咥えタバコで祖父に抱かれた写真もあるほどだ。しかし、当時はそれがあたりまえな環境であり、疑問視する外部やマスコミの声も皆無。実に恐ろしい時代であった・・。つまり、大半の方が副流煙で育ってきたのだ。

現在は赤ちゃんがいてもいなくても「部屋で吸ったら違う意味でタバコで殺される」こともある世の中だ。言われなくても十分喫煙者は分かっている。「心底、嫌われているということ」を。これ以上嫌われたくないから「影で吸う」か「アイコスやプルームテックに切り替える」わけである。

 

喫煙者はアイコスなどのベイパーへ移行しつつある

本体.jpg

何度もアイコスを紹介してますが、本当にすばらしい商品なのでここぞとばかりに紹介しています。「受動喫煙で年間1万5千人が死亡と推計される」。このニュースが目に飛び込んだとき、もうすぐ時代は変わってくるよ・・と言いたくて仕方がなかった。副流煙が出ない(または拡散しない)革新的なベイパー「アイコスやプルームテック」。詳しく書けば書くほど嫌煙家が目くじら立ててきそうなのでこの辺にしておきます。

受動喫煙をさせることは喫煙者からしたら本意ではなく、大変申し訳ないと思っております。たとえ死亡原因が受動喫煙でないとしても、このニュースが話題になればなるほど「受動喫煙のせい」にされていくことでしょう。しかし、私たちマナーを厳守する喫煙者にはタバコベイパーという強い味方が現れました。喫煙者個人の健康などは知ったことではありませんが、少なくとも副流煙が出ないベイパーは「受動喫煙の対象」には当てはまらない。この厚生労働省の推計がアイコスやプルームテックなどで減少することを願っています。・・正直、もう、こういった喫煙問題はウンザリである!

一人でも多くの虐げられている喫煙者を救うため、私はアイコス並びにプルームテックの良さを発信し続けます。私たちだってマナーの悪い喫煙者には腹が立つのですから・・。

スポンサーリンク

CATEGORY