GariGari-Studio

フリーランスになる前に知っておくべき「大事」なこと

time 2015/10/09

映像制作会社で長年勤めていて、そろそろフリーでも食っていけると思ってる方。または映像関係ではない業種からフリーで独立開業したいと思ってる方。ちょっと落ち着こう。

そもそもナゼにフリーランスに走るのか?

フリーになることのメリットやデメリットをちゃんと知っておかなければ、後で絶対に後悔することになります。今回は私の経験を踏まえて、映像制作でフリーになる前に知っておいたほうがいいポイントを書いていこうかと思います。

当然、仕事のワークフロー・スキルは持っていること。一人だけで独立開業することを前提にしています。複数人で行う場合は社長(代表)として認識してもらってもいいです。

 

スポンサーリンク

今の会社(形態)の何がイヤなのか?

自問自答してください。給料がバカ安、パワハラ、正直シンドイ、良いモノが作れないなど、いろんな問題があるかと思います。これらは社会人であれば当然な問題であり、
「イヤ」なことから抜け出したいという理由ではフリーランスは到底おすすめできません。なぜなら、フリーランスでも同じことが発生するからです。

営業、クライアントに頭を下げる、未払い、キャンセル、仕事責任は自分一人。毎月決まった給料が入ってくる会社員とは違い、フリーランスは不安定です。会社員のころは良かったな~なんて思うこともしばしば。

「イヤ」なことは当たり前。仕事ですから。自分の身を削ってこそ「お金」が発生するということは会社員だろうがフリーだろうが同じこと。まずは「イヤ」なことを飲み込む覚悟を身につけてください。飲めないならばフリーランスは諦めたほうがいい。

 

志(こころざし)では食えない

では、「イヤ」なことを飲み込んだ上でお話します。
映像制作でフリーになる方の多くは「自由になりたい」「もっと稼ぎたい」「もっと良い映像を作りたい」って方が多いんじゃないでしょうか。

自由という観点から見ればフリーは自由の代名詞みたいなものです。上司がいないんですから・・好きなことをやれる率が高い。しかし、「もっと」「さらに」という意思と実際に行える仕事は比例しません。需要と供給の問題です。

「作りたい映像」と「作らされる映像」では
圧倒的に「作らされる映像」が多いということ。

お金をいただくのはクライアント(お客様)から。クライアントが求めるモノと自分が求めるモノをいちいち選んでいたのではフリーでは食っていけない。

会社員の給料が手取り月25万だとするとフリーでは35万くらい稼いでちょうど同じ土俵に立てると思ってください。税金・保険・経費・償却費などは上乗せ計算しないとダメ。

自分が求める映像制作だけを行う場合、単価を高くすれば可能ですが需要は減ります。
稼ぎは会社員よりも少なくていいから良い映像を作りたいとしても、その価値を分かるクライアントはどのくらいいるのでしょうか?さらに需要は減って、そこらへんの趣味クリエイターと同じ部類に入るのがオチ。そもそもフリーになる意味はなくなってくる。

映像作家というジャンルがありますが、現実的ではないので省きます。好きに作って売るには相当のセンスとスキル・運・仕事がなくても食っていける金が必要。

自分の倫理に反しない限りは、
貪欲に仕事を取っていく姿勢がフリーでは一番重要だ

スポンサーリンク

AVE40

CATEGORY