GariGari-Studio

撃報!加熱式タバコ「プルーム・テック」が6都市で発売決定【2月5日より】

time 2018/01/10

ついにJT Ploomtech(プルームテック)が主要6都市で発売開始されることが公式により本日判明した。

加熱式タバコ JT プルームテックは現在、福岡市と東京都のみ店頭販売されている。なのでその他の地域の方はプルームテック・オンラインショップでの通販でしか買えない。

特にたばこカプセルにいたっては購入毎に送料がかかることが最大のネックだった。それを思えば今回のニュースはヘビーユーザーにとって朗報といえるのではないだろうか。

それではJTのニュースを元に深く掘り下げていきたいと思う。

速報!
3月、4月に新たに販売エリアを拡大!そして6月に全国発売開始だ!



関連記事>プルームテック・たばこカプセル全5種類を徹底レビュー!
関連記事>超比較!過熱式タバコの本当の選び方

2月5日より販売開始となる主要6都市とはどこか?

2018年2月5日より、販売エリアを拡大し、札幌市、仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市にて販売を開始いたします。

来月2018年2月5日よりプルームテック・スターターキット及びたばこカプセルの発売が決定している都市は6都市。以前より販売している福岡市と東京都を含めると全国8都市へ販売網が拡大される。以下はその6都市。

  • 北海道札幌市
  • 宮城県仙台市
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市
  • 広島県広島市

ちょうど国内地域を等間隔にしたような配置である。しかし四国地方や甲信越あたりは外されており、やや少ないといった印象。

加熱式タバコは現在、アイコス・グロー共に全国発売されており、JT プルームテックは後追いの形となる。これらを見ると、やはり全国販売するにはまだまだ準備が整っていないようだ。

それにたばこ増税も決定した今、競争は激化どころか沈静化に向かっているとさえいえる。はたしてこれを機に再び過熱することはできるのか。

 

新規オープンとなるプルームショップ及びコラボショップ

Ploom Shop さっぽろ東急百貨店
北海道札幌市中央区北4条西2丁目 東急百貨店さっぽろ店B1F

MOVE LOUNGE_札幌
北海道札幌市中央区南2条西3-15-2 ビームス札幌ビル2F

Rethink Lounge SENDAI
宮城県仙台市青葉区中央3-7-5 仙台パルコ2 1F

Ploom Shop サカエチカ店
愛知県名古屋市中区栄3-4-6号 サカエチカ

MOVE LOUNGE_名古屋
愛知県名古屋市中区栄3-27-4 Tham Park2F

Ploom Shop ルクアイーレ店
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ8F
【2018年2月5日(月)〜終了日未定】

Ploom Shop 梅田イーマ店
大阪府大阪市北区梅田1-12-6 イーマ 1F
【2018年2月5日(月)~2018年4月末頃予定】

Ploom Shop 心斎橋オーパ店
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-4-3 心斎橋オーパB2F
【2018年2月5日(月)~2018年3月15日頃予定

Ploom Shop 紙屋町シャレオ店
広島県広島市中区紙屋町1丁目地下街607号
【2018年2月5日(月)~2018年5月末頃予定】

Ploom Shop イオンモール広島府中店
広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中 南棟1F

営業時間は10-12時から20時まで(年末年始以外)。購入は今のところ(2/1)公式サイトにて事前予約が必要。尚、タバコ販売店はそれぞれPloomステーションと呼ばれている。そちらは公式サイト内で確認してほしい。

 

販売6都市でのプルームテック購入方法

プルーム・テックの取り扱い店舗は、2018年1月29日より、Ploomブランドサイト内の店舗情報及び予約購入ページからご確認いただけます。※プルーム・テック・スターターキットのご予約は、2018年1月29日から予約受け付けを開始いたします。

前述した6都市での販売方式はどうやら事前予約になりそうだ。取り扱い店舗は1月29日にPloomブランドサイトで公開。※既に公開済み。

おそらくではあるが、昨年7月からの東京販売と同じような購入方法だと思われる。確実にスターターキットを手に入れる方法はサイトにて事前予約をして店頭での引渡しとなる。

その際は登録証明書類が必要となるので注意したい。しかし、本日のアナウンスでは予約なしでも購入できるとある。

Ploomショップを含むたばこ販売店等での「プルーム・テック」スターターキットおよび専用たばこカプセルは、予約なしでご購入いただけます
※数には限りがあり、事前予約いただいたお客様を優先に販売いたします。確実なご購入を希望されるお客様は、Ploomブランドサイト内の専用ページで事前予約をお申し込みください。

どうやら店頭に予約品以外の在庫があれば成人喫煙者であれば購入できるようだ。ただ、品薄製品に変わりはないので発売開始直後は争奪戦になることが予想される。

現在は公式通販でのキット販売も落ち着いた様子であり、以前のようにサーバーがパンクすることなく会員登録者であれば誰でも買える状態だ。

そのことも踏まえれば、今回の6都市販売での最大のメリットは「たばこカプセルの購入のしやすさ」だと思われる。

 

過熱しそこなった加熱式タバコたち


筆者の主な喫煙環境はアイコスとVAPE(電子タバコ)だ。そしてたまにグローやプルームッテックも嗜む。割合としてはアイコスが一番多いだろう。

だが、そのアイコスさえもVAPEにより本数が減ってきている。それはニコチンリキッドというタバコ代価品のなせる技だが、いかんせん世に浸透していない。

しかし日本でのVAPE人口は体感ではあるが徐々に増えつつある。今後は益々盛んになるだろうと予測するし、もはや紙巻タバコはおろか過熱式さえも危ぶまれる状況かもしれない。

 

私はアイコスが全国発売される前から加熱式たばこ関連の記事を書き続けているが、その勢いは国の受動喫煙対策の枠に入れられたことにより終焉を迎えたと思っている。

各社は紙巻タバコからのハームリダクションを売りに莫大な開発費と販売戦略を立ててきた。「副流煙が発生せず害の少ないタバコ」というキャッチフレーズは世の虐げられたスモーカーたちの喝采を浴びる。

しかし国や非喫煙者からみれば「タバコはたばこ」。もれなく負のイメージと烙印を押され、たとえ加熱式といえども同類扱いから逃れることはできなかった。

我々は今後、どういった道を辿ればよいのか。

JTが掲げる「吸う人も吸わない人もここちよい世の中へ」という前に「喫煙そのものを見直す機会」を設けることのほうが大切だというのが本音だ。

関連記事

書いてる人

ガリゲー

ガリゲー

ご訪問ありがとうございます!スモーキングガジェットが大好きな40代のガリ男です。みなさんのオモチャ箱みたいなサイトを目指してます!お問合せはコチラまで→ 【Contact】

Instagram follow us in feedly

カテゴリー

アーカイブ