GariGari-Studio

待ちに待ったARTEMIS MTL RTAとの対峙!ツンデレ女神は我に微笑むか

time 2020/09/25


もう、やっと来た・・。やっと来たマンですよ。

このアルテミスRTAの情報が出てからというもの早半年。私は今か今かと待ち望んでおりましたとです。

そして、それがつい先日、本家から無事到着いたしましたことをここにご報告させていただきマンモスうれぴー。

はい。では、さっそくcthulhu modの快作「Artemis MTL RTA」のインプレッション。はじめます。

 

ああ女神さま!!!


今回はフツーに購入品なので俺色全開(気持ち悪っ)で参ります。見てくださいよ!このムーンライトセレナーデ。・・っていういつものブリキ。


そして、よくよく見ると何やらYoutuberっぽい人とのコラボらしい。George Batareykin?

しかも、調べたらコヤツ、私の渾身画像を1928RDAの動画サムネでパクってました。

つまり、「クトゥルフ&バタリアン>俺の1928RDAをパクる」という図式が働き、実質「クトゥルフ&俺」というコラボというわけにはいかないですか。いかないですね。はい。


付属品はスモークパーツとスペア関係。あと、交換用エアパーツが4種類入ってました。

カラーはSSとのっぺりブラックの2色。

私は投げたボールがあたりまえに地面に落ちるかの如く、あたりまえに304ステンレススチール一択で。


どうですか。もはや西洋甲冑のような趣さえ感じますな。ちなみにアルテミスの名前はインスタでの公募。

ナリはKayfun lite 2019みたいでトップキャップの円盤が月を連想させたのでしょう。寒いけど分かる。


では序章はこれまでとして色々イジっていきたいと思います。

 

長いけど絶妙なバランス具合を維持


一歩間違うと奈落の底に落ちそうなほど危ういデザインしてます。長いってのよ。

それでも気に入ったのはやはりトップの円盤でしょうか。それが無ければ「つまらんヤツ」で終わってたと思います。

だがしかし・・


付属のドリチに変えるだけで既に奈落の底へまっしぐら。こんなにもダサくなってしまうのだ。どうせならPEIにしてほしかったね。


そうなると、やはり、このランスっぽいHasturドリチがアルテミスの肝ってわけです。ソレ以外は認められません。


その、ランサードリチはHastur mini が発祥。Furaiセットにも付いてますよ。それが上画像右になります。

若干ですが今回のアルテミスのほうが広いですね。気持ちね。


他、アルテミス純正のはローレット加工が施されていて「どっちかわかんねーよ!」ってなっても分かります。メルカリで売る場合はご注意を。


では、分解して構造を探っていきたいと思います。

これがなー・・

 

逆ネジ万歳野郎とエアホ交換の運用


全バラ一歩手前。ここからベースパーツだけさらに分解できます。

分解したくないのに分解を強制させる仕様なのが「アルテミスRTA」っていう代物なわけですたい。


このアルテミスRTAの特徴として「タンクとは独立してエアホール交換可能」というのがあります。※ポジピンごと底だけ外れる。


見れば分かりますがポジピンにエアピンを挿して様々なセッティングがRDAばりに楽しめるということ。

※付属エアピン4種類 / 1.0mm、1.4mm、1.8mm、2.0mm(エアピンなし:2.7mm)

つまり、いちいちリキ抜かなくていいんです!(楽天カード


しかし、独立させるには順ネジだとタンクごと外れてしまう恐れがある。だから逆ネジで安全にセパレートしたい。

ただ、それは「やりやすさ」によって大きく使い勝手も変わってくるのです。

MODに締め込めばボトムは外れますし、薄いAFCをイジればこれまた干渉して外れやすくもなる。

しかも、一度決まればソレしか使わない。何回も何回も試すほどコロナ社会は我々に時間を与えてはくれません。


ぶっちゃけ、メンドくさい・・・

こういうのは昔から数多ありますし、最初は楽しいのですが後々の運用を考えると実に煩わしくなるのが常。

どうせなら、セパレートの仕方を一工夫してほしかったと星に願います。


それと、ボトムパーツをしっかり止めないとポジピンが動いて抵抗値が暴れやすい。しかも、しっかり締めようとすると今度はタンクが外れる始末。

そこまでして運用の幅を広げたいのか、冒険心か、つーか、AFCで調整できるだろみたいなのは思いました。ええ。

以上、ここまでをグチとして後は褒めちぎりたい。

 

おい、コレHastur miniやろ・・


アルテミスは外見こそ特異で騙されやすいですが、基本的な中身はHastur miniです。1928改でもいいでしょう。

言い忘れてましたが、アルテミスは22mmのグル専GTA。タンクキャパは2.4ml。


先述したようにボトムホールのピンを独立して交換できるような構造となっています。※遊びはあまりありません。

ポストは互い違いでユーザーフレンドリー。ですがHastur miniも同様。ポストデザインもほぼ一緒。


ワイヤー留めは私の嫌いなノンフラットネジ。こういうタイプは締め込んでもスッポ抜ける確率が高い。ポストにガイドも無し。

発表から半年も経った割に中身はHastur miniとはこれいかに?っつー。

もちろんソレが好きなら全然OKですが新作として作る意味っていうのが見いだせませんでした。


そして、驚いたのがこのリフィル口。トップキャップこそ大胆なデザインなのは理解できますけど、開口広くね?と。スレッド深いし漏れるやろ?と。


ただ、キャップ裏面見ると皿状になってんですよ。分かりますコレ。キャパ稼ぐ仕様なのか圧対策なのか不明ですが、なんかあるんでしょうね。

こういう「ハっとする」処理は探っていて一番楽しい。ただ、パッキンがキツイ。締め切るまでかなり力いります。


それと、もうひとつ。ドリチ挿入部分が下にテーパーってました。ここもニクいね三菱。

やっぱドリチ底の処理がフラットなので結露対策なんでしょうか。萌えます2020コロナで爆死。


あとは付属のスモークタンクとドリチですね。素材は不明ですがPCっぽいのでPEIにしてほしかった。

ただ、この逆テーパード・ドリチはランサーズドリチよりも味にダイレクトさが出ます。


欲言うならバーサーカーやARESみたいなドリチのほうがもっとフレーバーが立ちやすいと思いますね。

しかし、そうなるとデザインが殺されるので意識高いVAPERは悩みどころでもある。


最後は底。どこかクリアロみたいな雰囲気ですがRTAです。

これをメカで使う人はいらっしゃらないと存じますが、構造上あまりオススメできません。

AFCに関してはINがオーバル(楕円)なので隣接するホールと干渉しがち。気密性もイマイチだと思います。


いくらエアピンが豊富でもケツのAFCやらポジピン設置で隙間は出来てしまう。

直近やったバーサーカーV2ではソコを解消するためパッキン入れたりして対処してたりしたんですが、アルテミスの精度は少しガバガバな気がしてなりません。


にしても、1928のときもそうでしたが、A版は何かと不具合は付き物。それら含めても愛せる方でないとアルテミスは微笑んでくれないのかもしれません。

 

肝心な味はどうなの?ビルドは?


ビルドはポスト間に制限があるので細いワイヤーでないと厳しいです。あと、「MTL=エアが当たらない」ので、なるべく熱が残りにくいセッティングが推奨されるでしょう。

と、もっともなこと言ってますが、ほぼテキトーにni80 26g  2.5mm径で試してみました。エアピンは最大の次のヤツ。


ビルド自体はポスト幅さえ把握できれば難なくこなせます。22mmのRTAでさらに制約されるので28Gくらいがやりやすいんじゃないでしょうか。

ただ、細いとまたスッポ抜けやすいネジ・・。コットンホールは普通に落としやすかったです。


まず、純正ランサードリチは薄い。最初から分かってましたが長いドリチは味が薄くなる印象。

吸い込む時間が長くなるからかな。DLセッティングでないと相性悪いかもしれません。


AFCがバカなのでどこに位置付けしても整合性が取れません。これはエアピンや片側内部ホールとポジピンホールの位置にも関係するのでかなりシビアかと。

それに、どこからかエア漏れもしてる印象だし、ザックリMTLという調整しか無理。※AFC当てずっぽ。

極小ホールにすればキツイMTLにもできますが、それだと熱が籠もってウィック浸透がアンバンランスになる。

自分の場合はやや大きめなエアピンにしてAFCでイジってます。そのほうが調整しやすいから。

味はここまで宣って申し訳ないHilIQ烏龍茶ですけど、ドリチをタイト仕様に変えてようやく「お、味がする・・」程度。


元々、美味しく吸いたいなら他アトマで事足りるので、そういう問題じゃないのはVAPERなら誰しも理解してるはず。

好きなメーカー推しやコレクション要素。ミーハー。etc…。味の出というのもそれらファクターのひとつであって、全部引っくるめて楽しめるかどうかがVAPEを続けていけるカギとなるんだと思います。

問題は好きかそうでないか?であり、所有欲が満たされればソレで満足してる自分が居ます。おわり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新着商品 Cthulhu Artemis MTL RTA 22mm/アルテミス/クトゥルフ/ アトマイザー 本体 電子タバコ ベイプ vape RBA CTHULHUMOD mtl rta [X-56]
価格:4280円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)

 

この記事へのコメント

  • べた褒めのyuuチューバーがいましたけど、悪くはないけど微妙な感じなんですね。

    by ミス夫 €2020年9月28日 09:16

  • こんにちは。評価は人それぞれですが自分としては逆ネジはちょっと慣れないですね。

    by ガリ €2020年9月28日 12:30

down

この記事にコメントする



プロモ&おすすめ記事

プロフィール

ガリ

ガリ

ご訪問ありがとうございます!スモーキングガジェットが大好きな40代のガリです。主にVAPEや加熱式タバコ専門で書いてます。みなさんのオモチャ箱みたいなサイトになればいいな! 【運営者情報/サイトポリシー】

Instagram follow us in feedly

カテゴリー

アーカイブ