GariGari-Studio

必読!中華VAPEショップで気をつけたいことベスト10

time 2017/10/22

VAPE海外通販に手を染めてみたいセドラーの皆さんこんにちわ。ガリゲーです。どうもおかしいと思ったら「こんにちは」が正しいんですね。マジで恥ずかしいわ。

さて、本日はVAPE海外通販における注意事項などを自分の経験を踏まえてお話させて頂こうかなと思ってます。

ご存知VAPE(電子タバコ)の本場は中国!いや、実際はイギリス人が発明したものを中国人がパクって大成させたのがVAPEです。

そして輪ッかで盛り上げてくれるのが米国。カッコイイのは東南アジア。お高く止まってる間に中国にパクられまくってるのが欧州という図式です。

特にメーカーや大手ショップがひしめく香港や深セン市などは経済特区と呼ばれ、もはや中国政府とは無関係にやりたい放題で稼ぎたい放題。ほとんど民主主義ですね。

そしてそんな世界的にみてもヤバイ都市から我々VAPERはブツを購入してるわけなんですよ。そりゃトラブルの一つや二つはあたりまえ。

しかし注意点などを予め知っておけばそれらトラブルを未然に防くことが出来るかもしれません。今日はそんなお話しです。ではどうぞ。

あ!PayPalまだの人は下記をどうぞ。

関連>海外通販に欠かせないPayPalとは?登録方法をカンタン解説!

これらの内容はあくまで私個人による海外通販サイトへの感想です。人種に対して蔑視しているわけでは決してありません。

スポンサーリンク

日本語が通じない英語サイト

大抵の中国ショップのサイトは英語表記です。多くの客は欧米ですからね。中には日本語サイトもありますが多くは英語サイトばかり。

初めての方はここでまず海外通販のカベが立ちはだかります。正直いったいどっちに行けばいいのか分からない!

そんな時は5つだけ覚えておけば買えます。

  1. Register(アカウント登録)
  2. In Stock(在庫有り)
  3. Add to Cart(買い物カゴ)
  4. Check out(決済選択)
  5. Shipping(配送選択)

ぶっちゃけ恐る恐る考えるよりもポチポチしまくれば何とかなります。最終的に決済選択ボタンでPaypalサイトへ行かない限りは何したって大丈夫

あと、怪しいサイトはURLが暗号化(https)されていないので常に個人情報を入力する際はURLにカギマークが付いてるか確認しましょう

 

翻訳サイトの精度が悪すぎる

海外通販サイトではハシっことかにチャットボックスや最下部にサポートメールなどがあります。購入する前に「発送はいつ?」だとか「クローンじゃないよね?」とか聞いておきたいことは山ほどある。

そして購入した後でもそう。よくあるのがピッキングミス(欠品・誤配送)。こうした問い合わせやトラブルではまず英語で質問するのが基本なわけです。※中には日本語変換チャットもあります。

そんな時に大活躍するのが翻訳サイト。天下のグーグル翻訳やエキサイト翻訳など多種多様な翻訳サイトは存在しますが・・

どれも基本バカです。

まず翻訳サイトというのは「正しい文法」で入力しなければ誤変換を起こしやすい。そうなると向こうも「Ha?」ってなって意思疎通が難しくなる。

私らは日本人でありますが「草ワロスキター!」とか常用していて正しい文法を知ってる人間なんてほとんど居ません。翻訳サイトがバカじゃなくて私らがバカなんです

だから手っ取り早いのは箇条書きに翻訳すること。そうすれば正しい日本語を把握しやすい。

例えば「#98000のガリと申します。今日、荷物が届いたのですがSXK Le Concordeは入っていたのですがSJMY Doggystyle 2K16 Styleが入ってませんでした。追加で送ってもらえないでしょうか?」なら。

「#98000」
「SJMY Doggystyle 2K16 Styleが入っていません」
「送ってください」

それぞれ、端的に名詞と動詞だけに着目すること。長文を訳すと余計に分かりづらくなる。自分がロボットになった気持ちで訳すStyle。

あと中国の方は長文を好みませんし、イッキに色んなことを質問しても返答は1個しか返って来ません。言ったことの大半は無視されます。

やるかやらないか。YESかNOか半分か?では「半分」が通じない人種です。

 

調子いいことばかり言う

私は海外通販の際、基本的にチャットも質問もしないことにしました。発送が遅くても何もクレームを入れないことにしています。※例外あり。

In Stock で在庫ありのものを選び、似たような商品は注文しません。あわよくば到着しなくてもOKな気でいます。それくらいの気概は海外通販では必要なこと。

つまり信用していないから。

非があるなら自分にあるということ。逆に中国の方からすればそれは「礼儀」なのだろう。決して悪気ではない。文化の違いはあたりまえ。

あと中国の方なのに英語圏の名前でよく表記されてますが、あれはアダナみたいなものらしい。勝手に自分でつけてます。元々香港はイギリス領だった為、呼び方を統一させるために欧米っぽい名前にしてるのだとか。

そして香港界隈の方達は国際都市としてのプライドが高いのか華北のヤツらや上海とは一緒にされたくないらしい。文化的に男より女のほうが強いので、サポートが女子ならあくまで下手で接したほうがよい。

 

予約注文がいつ発送されるか分からない

Preorder(予約商品)ですよね。どうしても必要でない限り買わないほうが無難です。Paypal決済だと前払いしているのでキャンセルしようとしてもクソめんどいことに。

まずヤツらは基本ウソつきですので「○月○日に発送」とあっても決して信じてはいけません。近づけば発送日表記はどんどん遠ざかる始末。

モノはソコにちゃんとあるんです。数がないだけ。Preorderが消えるまで1ヶ月くらい気長に待ちましょう。

 

いつまでたっても発送されない

高い配送オプションを選択すれば4日あれば到着します。もちろん出荷タイミングがありますけどね。

送料無料なモノはほとんど郵便なので遅くてあたりまえ。よくあるオランダ(Netherland)POST経由は通関がしやすく安いから。

リキッドやバッテリーを安い配送オプションで注文して遅いのは船便だからです。

 

発送メールをしない追跡できない

追跡できないのはよくあります。配送データが物流会社に登録されてないだけ。こういう場合は「日本まで」と「日本から」の会社が違うので気づいたら到着してることが経験上多いです

しかし問題は発送メールをしないショップ。コレはいかんです。普通はサイトのシステムで自動で配信されるっぽいのだが、それが来ないとなるとサイト自体がバグってる可能性あり。

そういった場合はアカウント内の「My Order」を調べてみてください。案外「Complete(完了)」になってたりします。ちなみにProcessingは処理中。Shipped outは発送されたということ。

 

梱包が汚い・商品が汚い

無料便(郵便)とかだと袋に入ってるので「まず箱が潰れてます」。コンテナ内でモミクチャにされてますのでこれは絶対に避けられません。

ショップによっては高い配送オプションでも袋詰めなところもあります。基本的には外装がヤワイものは潰れると思ってください。※コイルの箱とか。

商品が汚いのは通販ショップ側じゃなくメーカーのせい。それにVAPE製品はかなり個体差があります。品質が悪いのをハジくということを知らない。なので国内ショップはそこを意識してサポートしてくれたりするんです。

経験上、主に大手メーカーほど汚い。シュリンクの中が外より汚いことも多々あります。よくあるシュリンク剥がして箱にくっついちゃうのは品質が悪いか在庫管理がダメな証拠。

これからVAPEをやってこうとすれば、これらはもう愛嬌として捉えるべきかと存じます。何も問題なく到着すればそれだけでテンションが上がるのも醍醐味。

 

購入後のサポートはほぼ無い

45日補償とかよくありますけど、証明するのがシンドイ。Warranty cardは製品そのものを本物ですよ~という意思表示みたいなもの。サポート可能な保証書ではない。

例えばGBで45日間補償(商品不具合、ピッキングミス)がありますが、不具合商品を送り返すのに金がかかります。

どこぞではピッキングミスで3分の1のポイントで処理されたところもあります。最近では私の注文した商品が別の方に届いたようで、誤配送をしたくせに色々理由をつけて再送も返金もしないショップ等もありました。

総じて海外通販というものは「安く手にいれる」ことがまず第1の目的でありますから、余計に高くつくということが許せないわけです。

しかし、あーだこーだサポートとやり取りしていても一向に前に進みません。結局それらに使う時間も労力ももったいないので諦めちゃう。

だったらハナから発送後のことは向こう側は知らぬ存ぜぬということをコチラは理解しなくてはならない。

 

日本で人気が出ると吊り上げる

日本と海外で価格差があまり違わないなら国内で購入することをお勧めします

最近ではメカスコが流行ってますし、MTLに特化したアトマイザーも出てきてる。メーカーは売れるモノを開発するわけであり、まず需要が先にあるわけです。

ワールドワイドでみると日本は非常に小規模市場だが、大手メーカーが説明書に日本語を加えたということは明らかにターゲッティングされているということか。

日本では今後益々VAPEが浸透していくだろう。海外ショップも売れると分かっていれば安くしておく必要性はなくなる。

特に人気Youtuberなどの高評価は市場さえも左右するほど脅威となるだろう。

 

休む時は何が起ころうとも絶対に休む

中国には大きな休日が3つほどあります。春節(2月)、労働節(5月)、国慶節(10月)。普通の休日は日曜日。土曜は午後から休みなところが多いと聞きます。

つまりヤツらは休日には絶対に働かない。

働かないから休日なのは当然知ってます。そうじゃなくて日本みたいにローテーションで休日とるわけじゃないっていう意味ね。

VAPE海外通販ではコレ必須です。なので長期休暇前に注文してしまうと大惨事になりかねないわけ。

特にヘタすれば10連休くらいの国慶節(10月初めから約8日間)と春節(1018年は2月16日~1週間)はヤバイです。他にもチマチマありますし、注文の際には中国の祝日を気にしましょう

 

そのくせ休日明けに忙しくなり逆ギレ

上海のニコリキメーカーHilIQのKittyさんが「忙しくて水も飲めないですぅ(^-^; 遅れて申し訳ありません・・」なんてツイートした日にゃ、全国のキティラー共から応援メッセの嵐が。

中には発送遅いくらいでクレームつけるな!Kittyさんが可愛そうだろ!みたいなのも散見されてました。

いやいや、それってあたりまえだろ?っていう。自業自得なのによく分かりません。いかに日本人がアリとキリギリスのアリなのかヒシヒシと感じられました。

こちらが向こう側に遠慮をしながら購入する。

という図式が働ければ一人前です。

 

 

まとめ / VAPEを取り巻く中国人たち

そりゃガチで関税支払ってる業者と比べたら全然私は知らないペーペーです。ですが、あーだこーだやり取りしていると「この人たちは元気があるなぁ~」と思うわけ。

義理のアニキが仕事でよく中国行くんですが、その人種たるや一度仲良くなるとスンゲー親身にしてくれるとか。そのくせ決まった時間には来ないそうで「おもしろいヤツら」と言ってました。

私もそういう雑多なイメージとすぐにパクるヤツらという認識しかありません。オリジナリティに欠けてる分、派生を生み出すことには得意な人々とみた。

勝手なことばかり書いてまるで差別的な文章と捉えられそうですが、あくまで海外VAPE通販をした範囲内での感想です。言語も文化も違う海外の方をいきなり信用できるわけがない。

中国はいつまでこのスピードでVAPE製品を出し続けるのかは分かりませんが、可能な限り見届けたいという魅力は少なからずあることだけは確かだ。

スポンサーリンク

CATEGORY