GariGari-Studio

CITADEL RDAは誰が組んでもマズイ気がしねぇ【 by Psyclone Mods】

time 2019/01/15


お疲れ様です、ガリゲーです。あれだけレビュー以外に注力します!といっておきながら連発していますことをお許しください。たまたまです。

はい、サイクロンモッズのシタデルRDA。珍しくクローンじゃないってうのが新鮮です。

さて、このCitadel RDAはHadalyと構造がよく似ていて、且つ改善されている部分が多いので以前から気になってたんですよ。発売は昨年の秋頃だったかと。

本当はHadalyが欲しい→Titanしかない→ちょ高!・・→Citadelだと?→Beyondさんで残り2個→価格は中華マスプロ3個くらいだしイケるっしょって自分に言い聞かせる。

当然、Psyclone Modsもマスプロなんだけどグラフィックデザインが好みだし、見た目がシンプルでカッコイイの。

そんなわけでちょっとインプレしていきたいと思います。



Hadalyへの憧れからのCitadel


Hadalyが出た当初って、ハイエンド以下マスプロ以上な価格帯でどこか中途半端なブランディングだったように思う。サイクロンモッズ?どこそれ?アニメ?みたいな。

自分もそれほど興味が無くてスルーしてましたし、2ndバッチ以降のスっタモンダもどこか傍観してました。


それから時が経って、テキトーにHadaly Cloneを試したんです。画像右ね。

それが安定のSXK(shen xing kang tech)の作りのせいか、とても味がよく出て「なんだコレは?」ってなっちゃったのよ。※クローン推奨はしてない。

だからオーセンハダリーには強い憧れがあって、出来れば欲しいぞと。しかし当たりを掴めるか難しいぞと。掴めたとしてもクローンで把握してるから探求要素は少ないぞと。


しかもCitadelはデッキも非常に組みやすそう。それに、名前の由来(Citadel=砦)なのかイカついウルテムチャンバーも付属してる。

Unique Ultem Chamber Reducer To Enhance Flavor and Warmth

Citadelって良いかも!ってなところです。はい。

 

Citadel RDAの特徴や構造


モノは22mmのシングルコイルデッキ、サイドエアフロー式のよくあるRDA。Haoalyと比べてドリチまでの距離は低い。※ベースから18.9mmほど。


デフォでBFピンが刺さってて、ベース裏面に設置されてる六角イモネジで穴を閉じることが可能。KRMA RDAみたいな。こういうの便利。

ポジピン自体はさらに大きい六角H3を使用。付属品にポジピンレンチは入ってません。予備はOリング大小1個づつと全てのイモネジ1個づつ。


パーツは3点+ウルテムリデューサー。サイドエアフローは対角2箇所づつ。インテイクからアウトまで幅が狭くなっていく、いわゆる「Hadalyスタイル」を踏襲。


キャップ裏はフラット。510ドリップチップ(POM)周辺が盛り上がってますが、これはチャンバーホールをジョイントさせる為です。


案外このウルテムパーツの精度が良くてカッチリとハマる感じ。逆に簡単には外せないので慎重に扱わないと割れそうで怖い。

ワイヤー留めのイモネジは4箇所なのでコイルが左巻き、右巻きでも問題なし

しかも従来のクランプじゃないので細い単線でもビルドしやすい。どこかNudge 22mmに似てますね。

※後日、SXK Citadelクローンも手に入れましたが素材が明らからに違うしウルテムもガバガバ。エアホールもオーセンよりやや大きい。しかし味は正直変わりませんでした・・。


ポジピンの出しろは少し出てるかなぁ・・くらい。Citadelは背が低いので18350チューブ(SS)とか合いそう。


もちろんiPicoにも似合う。外見がシンプルなのでMODを選ばないっていうのも良い。

では、気になるデッキの中身を詳しく見ていきます。

 

傾斜サイドエアフローで漏れにくさと味ノリを両立


デッキを全パラ、ルーペ、触感確認したところ、エアホール出口1箇所とネガポスト上部の面取りにバリを確認。※ヤスリで直る程度。

Hadaly 2nd バッチ以降問題となったホール貫通はなし。設計的にHadalyよりホール間が広いし、上からネジ穴開けなくてもいいし、それによりポストで壁作れてる。

ポジピンからインシュレーター周りも問題なし。薄くてシビアなのであまり頻繁に分解しないほうがいいっすね。


Hadalyと大きく違うのはサイドホールがアウトまで傾斜してること。しかも従来通りホール間も狭くなってる。


キャップ外から見ると切れ込みもちゃんと角度に合わせて傾斜してました。ちなみに全閉不可


個人的なエアフローのイメージとしてはこんなところだろうか。下に傾斜してるのは珍しくない構造だけど2ホールづつで上から見るとちょうどエックスみたいになるよね。最近どっかで出たな…

そして、エアの焦点が出口で重なりつつベースで反発して上に行くんじゃねーの?っていうノリかと。両壁で導線促すしね。もちろんそれに見合う吸引力が必要な部類かと。

それと、こういう下傾斜だとオーバードリップしても溢れてはこない。つまり漏れにくい。ウルテムパーツ付けても上からドバドバ出来ちゃうところがナイス。


そしてドロー具合なんですが、ホールの大きさからしてDL寄りなのは間違いないです。もちろんそれがHadalyやCitadelの特徴でもある。

少し焚き気味で味わいたいデザート系なんかとの相性が良く、何も考えないで誰が組んでも美味い!というのがHadalyを神格化したような所以かも。

SXK Haoalyの全開で比べたところCitadelのほうは少しだけエア流入が多いかなくらい。劇的には違わなかったです。

 

Citadel RDAのビルドセッティング


両サイドエアのドロー具合からして30Wあたりで運用することを念頭に一度組んでみました。24g カンタル 3mm 0.7Ω。8巻でいい感じのポスト間。


何気に返しもついててビルドしやすい。ココがクランプじゃないっていうのが個人的にツボ。ネジ内側のスペースも狭くて逃げにくい。フューズドでも問題なさそう。

ワイヤー足は中央に寄せてからカットすればキャップに接触し辛い形状。ところどころよく出来ているCitadelのデッキ。


レイアウトは普通にウェル入り口にジグを置いて終わり。今思えばコイルを反対にするべきでした。どっちでもいいか・・。

この位置だとエアホールより割と上ですが、とりあえずコレで。でも、ここにジグ置き場作ることくらい簡単に出来そうなのに無いっていうのがモえる。

ここまではアホみたいにビルドしやすい。ビルドがしやすいと試行錯誤も億劫でなくなります。


ウィッキングもテキトーで。特にエアの導線を作ってるつもりじゃないです。3mm径だと大抵こうなっちゃう。ホールが塞がりそう・・。

こう見ると、もうエアホールが下だろうが何だろうがどうでもよく思えてきました。しかし、冷えはしないだろうからこの位置で絞って運用するのは厳しいってことだけは分かります。


ドリチ下を除くとこんな感じ。やっぱり近いですね。あんまり高温でバカスカやってるとウルテムパーツが溶けそうではあります。そう思うとゴツいクラプトンは非推奨か。


自分はRDAビルドの際、コットンをギチギチに詰める派。そして、オーバードリップしちゃう派です。イガりが嫌いなビビりなんで・・

チャージは真上から勢いよくブッかけます。水位がサイドホールより下ならOK。あとは底に流れ落ちていくでしょう。スンゲー楽ティン。

これだとBF可視化できなくてもテキトーにプッシュしちゃえます。これが地味にありがたい。


うん、ミストも直線的でダイレクトフレーバーを堪能できそうだ。さらにウルテムパーツを装着すればより舌を直撃するに決まってる。

では、ザックリとした感想を少し述べて締めとさせていただきます。

 

簡単に美味い!という希少性


まず、前述したセッティングで試したところ、第一印象としては非常にミストがダイレクトだということ。※エア半開でテイスティング。

もちろんある程度立ち上がりの早いワット数でのことですが、「口に入るのがエアじゃなくミスト」。簡単にデキそうで中々体現できるアトマイザーは少ないかと思われる。

それが降下エアフローのせいかは分かりませんが上傾斜よりは効能として有るかと推測。それ故、ビルド後のドローは割と抵抗がありました。あたりまえか・・

常飲のHiLIQグレスピと鉄観音、それにMNFKV アップルコーラを試したんですが、どれもトゲがとれた濃い味の出がする。まろやかっていうのかな。


色々なフレーバーがトガってて、それぞれを堪能させてくれるのではなく、明確な主役だけを与えてくれやすいアトマイザーがCitadel

・・・意味分かんなくて申し訳ない。単純に性能の良いフレーバーDL機ってことで。


大味で解像度が低いって片付けられそうですが低温セッティングでないということも挙げられるでしょう。個人的にはツイストが良かった。

それにコイル位置がドリチと近いからリキッド吸ってんじゃねーの?っていうのも分かってるから突っ込まないでください。


さて、Hadaly・・いや、Haoalyと比べてどうか?と問われれば特製は似てます。Haoalyもまたリキッドの美味しい部分だけ分かりやすく与えてくれるから。

総じてHadalyのメジャーアップデートという位置づけかと。それも改悪ではないアップデート。※あくまでオーセンを試してないので推察です。


ちなみにウルテムパーツはあってもなくても味の出は変わりませんでしたw。今はもう外して運用してます。

あと、コイル位置高いのであたりまえに熱いです。ウルテム付けると余計熱くなるし要らんかも。次回、コイル下げて試してみます。


さて、ある読者様のコメントであったんですが、MTLも良いですが芳醇なミストに鼻をくぐらせるのも悪くはない。

どちらにせよ、選んで失敗はしなかったのでソコだけは助かりました。






書いてる人

ガリ

ガリ

ご訪問ありがとうございます!スモーキングガジェットが大好きな40代のガリ男です。みなさんのオモチャ箱みたいなサイトを目指してます!お問合せはコチラまで→ 【Contact】

Instagram follow us in feedly

カテゴリー

アーカイブ