GariGari-Studio

激安激うまリキッド?HiLIQの購入方法のすべて(日本語対応)

time 2019/10/16

こんにちは、HiLIQ(ハイリク)ユーザー4年目のガリゲーです。

今回の記事はリキッドの基本的な買い方や注意点などを説明させていただきます。

購入方法は知ってるからディスカウントコードだけを知りたい!って方は・・

GARIGARIで全商品10%オフになります。

ガリガリで覚えてください。

カート内のディスカウントコード入力欄に打ち込んでくださいね。反映も忘れずに。

では、さっそく本題に移ります。下記カテゴリーページや注意点などもあわせてどうぞ!

 

HiLIQサイトは7月より移転しました(追記)

2020年7月よりHiLQサイトがリニューアルしました。新しいURL(アドレス)は「hiliqjp.com/」。

これにより、以前のアドレス「hiliq.com/jp」に入ると移動ボタンが表示されます。

すでにアカウントを作成している方は前のメールアドレスとパスワードでログインできます。

主だった購入方法は変わりませんがポイントの反映や一部表示に不具合が出ているもよう。注文履歴なども消えてます。

オプションの変更は「カスタマイズしてカートに追加」ボタンを押してから選択してください。

あと、「開始、終了」の価格はオプションの最安と最高値を表しています。

調整が落ち着き次第、下記説明などを修正していこうと思います。

 

まずはリキッド購入の簡単な流れを説明します

この記事は少し長文になりますので最初におおまかな購入についての流れを記しておきます。

  1. HiLIQ日本語通販サイトへ行く
  2. 新規アカウントを作成
  3. カテゴリーから好きなリキッドを選ぶ
  4. 価格を確認する(オプションで価格増減)
  5. オプション=容量 / VG:PG比率 / ニコチン濃度
  6. カートに入れる→カート内要確認
  7. レジに進む→注文確認
  8. 決済→注文確定→約3日で到着

だいたいこんな感じになります。

初めて海外通販をされる方でも、ほとんど日本語なので心配ありません

私は最初、結構ビビリましたけどね(笑)

1回購入すると、amazonや楽天等とほとんど変わらないことに気づくはず。それほど簡単。

しかし、購入は簡単でも最低限の知識をもってから購入するようにしてくださいね。

最初にアカウント作成をしてもいいですが海外通販の場合は最終的に納得がいくまで作成しないほうが賢明です。

アドレスバー先頭がカギ(https暗号化)になっているかもチェックしましょう。※HiLIQ公式の場合は大丈夫です。

ちなみに決済方法がよく分からない方はPayPalの記事も書いてますのでよろしければどうぞ。それでは詳しい流れに進みます。

 

新規アカウント作成までの流れ


スマホ画面で話をすすめていきます。PCでも基本は同じです。

まず、公式サイトの左上メニューから「ログイン」を選択すると上記画面になります。新規の方は最下部の「新規登録」をクリック。


アカウント作成画面になり、必要事項を入力してください。名前や配送先住所はあとで変更できますよ。

誕生日を入力すると、その日が来たら10ポイントプレゼント。これは地味に美味しい。※10ポイント=0.5ドル。

他、パスワードを設定してOKならサブミット(確認)ボタンをクリック。すると、登録メールアドレスへHiLIQからメールが来ます。


そのメールから「アカウントを確認する」ボタンをクリックして再びHiLIQサイトへ移行してください。

これで晴れてアカウント作成は完了です。次回以降はメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。


そのまま、購入前提なら配送先住所(アドレスブック)を入力しましょう。メニュー上部のアカウント名クリックでアドレスブックの選択ができます。

ここは日本語をそのままローマ字にするだけなので難しくありません。※会社名は必要な方のみ

名前はローマ字「例)Taro Yamada」、町村はお住まいの住所をそのままローマ字に「●●-cho」。

「street Address1」は番地「1-100」など。マンションも同じく続けて入力「Tokiwaso-101」など。

「市区」は「港区」なら「Minato-ku」。県や国は選択項目です。郵便番号はハイフンなしで構いません。

全て入力したら最下部の「SAVE ADDRESS」ボタンをクリック。これで完了です。

さあ、お買い物をしましょう!

味を選ぶときのコツや注意点

HiLIQにはたくさんのフレーバーがありますが価格は同一ではありません

主に「シングル味」と「ミックス味」がありまして、それぞれが同じカテゴリー内に入ってたりするんです。

※ここでいう「ミックス味」とはリキッドカテゴリーのミックスではありません。ミックスされた味という意味です。

例えばカテゴリー「ドリンク」の中を除くと、レッドブルがありますよね。

レッドブルはシングル味で30ml/ニコチン濃度3mgで約450円ですが他のジャバチップとかはMIX味なので約600円と3割増しになります。

当然、ミックスされてるので、同じオプションでも価格が上がるのは理解できます。

しかし、初めて訪問される方は戸惑ってしまうことも・・。少なくとも私個人はそうでした。

対処法としては上部メニューの言語をJPYに変更すること。これで体感で確認できるかと思いますよ。

日本円でも表示できますので、サイト上部のUSDをJPYに変えてみましょう。

 

参考までにHiLIQ-リキッドの価格の違い(例)

  • ニコチンベース50mg-30ml(DIY用) / 約430円
  • ピーチ(10ml 0mg シングル) / 約280円
  • レッドブル(30ml-6mg シングル) / 約470円
  • トロピカルフォレスト(30ml-6mg MIX) / 約620円
  • RY-4 (100ml 6mg MIX) / 約1,240円
  • キャラメルポップコーン(250ml 0mg MIX) / 約2,200円
  • 他、人気のバニカスやジャバチップ等もMIX
  • フルーツ単体とタバコ系はほぼシングル

もちろんこれらの値段は為替変動により価格も上下します。まとめて大量購入する方ならUSドル為替は要チェックですよ。

あとは、見てお分かりの通り、シングル価格とMIX価格の違いは顕著

それに常飲リキッドがあれば大容量を注文したほうが断然お得ですよね。

例えば30ml×3本(+10ml)よりも100mlだけのほうが、半分近くも安くなります。

※250mlだけはニコチン添加は不可です。(1回のニコチンリキッドの輸入は120mlまで)

つまり、いかに常飲リキッドを早く探すかが、お得に買うコツなんです。

私の初期購入はこうでした。ニコリキ上限120mlとすれば60ml(30ml×2)を常飲リキッド用に。

そしてもう60mlは「テスト用リキッド」に分けて購入します。

60mlの中で10ml×6だったり、シングル、MIXの価格差を考慮しながら選んでますね。

最終的には1か月分でリキッド約2,500円。送料1,500円の計4,000円あたりが多いかな。

しかし現在は徐々にフレーバーを把握してきたので以前ほどテスト用リキッドは買わずに済んでます。

 

最近のHiLIQ日本ベスト(2019)を見てみましょう

2019年人気投票結果!


ロングセラーは不動のニコチンベース。あたりまえにHiLIQのメリットといえば「コスパがいいニコリキ」。

最初の通販でニコリキベースを購入しておけばDIYも可能。

上記画像の人気リキッドBEST10は昨年のユーザー約2000人ほどの投票によるもの。

一番人気はピーチカクテルっぽいFlamingo。次いでバニラタバコのGreat Spiritなどが並びます。

ちなみにアイスレッドブルなどの「アイス系」というのはフレーバーに清涼剤を添加したもの。

清涼剤というのはメンソールとは全く違い「冷や冷や感」が出る添加剤。

舌が冷たく感じ独特の雰囲気に。単体でも売ってますので気になる方はどうぞ。

 

VGPG比率とニコチン濃度について

リキッド選択で初心者がイマイチ分からないのが「VGPG比率」

ベジタブルグリセリン(植物性グリセリン)とプロピレングリコールですね。

ほとんどの市販リキッドの原材料なのですが、このVGPG比率によって味やミストの出方も変化します。

基本、ミストを多く出したいならVG多め。コイルへの供給を良くしたいならPG多め。PG自体は香料を溶かしたりVGの調整に使われます。

あと、VGは性質上「粘度と甘さ」があるので、70:30だとフレーバーが濃く感じることがあります。

かといってクリアロマイザーのようなコイルだと供給不足になりかねません。そこは何度かトライしてみて「お気に入り」を探してみてください。

私の場合は「濃そうなリキッドは50:50」、逆にフルーツ系のようなリキッドは70:30で注文しています。

ちなみに国産KAMIKAZEは70:30。海外リキッドは50:50が多い傾向にありますね。※以下、HiLIQ公式からの引用

PG/VG:50/50
ペンタイプなど高抵抗値のアトマイザーに合います。リキッド自体の美味しさを最大限体験することはできます。
PG/VG:20/70
高出力のボックス、モードなどに合います。刺激感が弱く、煙は多く出ます。

 

悩みどころのニコチン濃度

そもそもニコチンリキッドとは満足感を得ることよりも「キック感」を得たいがため、というベイパーさんが多いです。つまり吸い応えが欲しいということ。

煙草やアイコスなどを吸うと喉にグッときますよね?アレです。私の経験でいえば6mg/mlでもキツかったですね(以前の銘柄はメビウスライト)。

なので当初は、同じフレーバーで半分に割り3mg/mlにしていました。そのあたりで心地よくチェーンできる感じです。

現在は喉が慣れて6mg/mlですが12mg以上なんてのは手が出せません(私個人)。

濃度選択は0mg/mlから24mg/mlまで。それ以上の濃度にすれば危険だということもありますがそもそも味が損なわれてしまうからでしょう。

一方、ニコチンベース(DIY用)は100mg/mlまで。※ニコチンソルトベースは200mg/ml

ニコベースでDIYする場合、当然含有量が多ければ添加する量も少なく済むのでコスパも良い。

しかし濃度が上がればそれだけ安全管理や希釈技術も必要となってきますので諸刃の剣となる。

 

ニコチンソルトとは?


昨年くらいから登場したニコチンソルトは従来のニコリキよりもキック感が弱まり濃度を高くしたもの。

つまり、吸いやすく満足感が高いという昨今の主流になりつつあるタイプです。HiLIQではHi-Saltという呼び方をされてますね。

こちらはPODなどの低出力デバイス専用のものなので単体アトマイザーの高出力向けではありません。

また、ベース液の濃度も高いことから取り扱いには細心の注意が必要。

濃度は20mg/ml~50mg/mlまでありますが、最初ならばもちろん低濃度をおすすめします。

より詳しく知りたい方は公式サイトのニコチンソルト特設ページを御覧ください。下記レビューもよろしければどうぞ。

 

ニコチン濃度と紙巻タバコのmgは全く違います!


上記画像はHiLIQサイトに掲載されいるニコチン濃度の目安ですが紙タバコのニコチン・タール濃度とは違います。

巷では実際の煙草とVAPEでのニコリキ換算表が出回ってますがこれも無視してください

何故ならニコリキというものはお手持ちのアトマイザーやMOD出力、チェーンの仕方によって「効き」にかなりの誤差があるからです。

それにリキッドメーカーによって品質も違う。つまり、数多くある因子を一つにまとめることは不可能だということ。

ビギナーの方は必ず低濃度から始めて慣れていくことをお勧めします。

 

※参考までにHiLIQのニコリキ希釈表

かといって海外通販なわけでありますから、必要なものは出来るだけ一度に購入したいもの。

3mg/mlでなんだコレ?キックももないし満足感もないじゃん!と恐れている方は濃度の高いフレーバーと、同じニコチン無しフレーバーを購入すればいかようにもカスタマイズできます。

 

ニコチンベース液を購入したい方(DIY専用)

サイト上部のカテゴリーメニューから「DIY」を選ぶと原液ボトルが出てきます。清涼剤、甘味剤、フレーバー原液、ニコベース液などですね。

その中でも無味ニコチンベース液(希釈用)は3種類。30ml、100ml、120mlとありますが、初めての方ならば30ml(50-100mg/ml)をお勧めします

ニコチンリキッドは1回の輸入制限120mlまでなので100mlボトルを注文すると残りは20mlしか買えません。※ニコチンなしなら20ml以上。

初めてであれば他に試してみたいフレーバーもあるでしょう。それに、自分に合うか分からないのに大量購入するのはリスクが伴う。

さて、容量は決まったらVGPG比率を選ぶのですが、PGが多いほど値段も高くなるのでVG100パーオンリーでコスパ重視!っていう方以外ならPGの比率をなるべく増やしましょう。

VGは性質上、保存を誤るとすぐに細菌繁殖しやすい。

1ヶ月以内に全部使い切る玄人さんなら理解できますが、大抵の方は少し使って放置が多い。作成量にもよりますがベース液というのはせいぜい希釈しても2ml前後。

ぶっちゃけその量でVGPG比率の重要性がわかりません。ならば保存にも添加にも適したPG100%が一番ではないでしょうか。

それにPG率が高いほどフレーバーに溶けやすくなる。PG100パーでもかなり安いので私はPGオンリーで注文しますね。

 

リキッドも良いが実は空ボトルもオススメ!


↑これはほんの一部。他にもたくさん種類がありますよ

DIY前提なら、ついでに空ボトルを購入しておくのもアリかと。メニューから「アクセサリー」を選べば出てきます。

かゆい所に手の届くラインナップですよ!しかも安い!ユニコーンボトルやシリンジボトルは国内の良心的ショップより若干安めといったところですがオススメは目盛り付きスポイト遮光瓶30mlですかね。

これは非常に便利!リキッドが見えにくいのが難点ですがボトル内で量を測れるのは重宝します。バリエーションも豊富。

そして、買いたいものを選んだらいよいよ注文画面へと進みます。

 

注文ボタンを押す前にポイント割引やディスカウントコードをチェック!

ここからが正念場です!初めての方は特に注意してください。

PC版で説明しますと、画面左側がカート内容、右側が決済設定です。

注意するべきは、「ポイントを使う」・「ディスカウントコード」・「送料と税金の計算」です。

HiLIQポイントとは

HiLIQポイントとは、購入毎1ドルにつき1ポイントがマイアカウントに登録されます。

30ドル購入すれば約30ポイント。1ポイントは0,05USドル換算です。

つまり、30ドル(約3500円)のお買い物をして、30ポイントGETすれば次回から、1.5ドル(約180円)割り引けます。

他にも1日1回HiLIQサイトにログインすれば1ポイント入ります!(←あなどれません)。

その他、レビュー投稿、SNSでシェア、誕生日などでも入りますよ。

サポーターのSuzanさん曰く、がんばれば1ヶ月で1回分の送料を賄えるのだとか・・。

詳しくはHiLIQ公式のポイントの貯め方を参照してください。

※注意:ポイントは各種割引額(ポイント使用、クーポン)には付与されません。割引後の購入金額にのみ適用されます。

 

ディスカウントコードとは

ディスカウントコードは商品全額に対して「10%割引」が適用されるクーポンコード。ちなみに送料には適用されませんのでご注意を。

上記のポイントも含めますと、約15%ほど安くなるので使用しないのは非常にもったいないです。

クーポンコード「GARIGARI」で覚えていただければ何度も使用可能でございます。

 

国際輸送業者を選びます!

チェックアウトページ「送料と税金」で国と配送業者を選択します。HiLIQでは3つです。FedEx、DHL、OCS(日本専門便)。

DHLと日本専門便(OCS)が10.2ドル(約1,140円)。Fedexが11.5ドル(約1,280円)。安定して早いのはOCS(佐川便

そしてDHLとFedexは遠隔地手数料が発生する恐れがあります。

決済では自動で安い送料になりますが気になる方はデンタバワールドさんのリモートエリアチェッカーで確認してみてください。

※重さは0.5kgまでなら標準配送料金。

1ポイントアドバイス
HiLIQは日曜休み。事務処理は日本時間で10時~18時。なので日曜日、または土曜日の午後に注文すると配送日数1日分をロスします。ロスというか翌日の月曜日AM扱いですね。HiLIQ側は日本時間12時までを当日分の出荷対象にしますので、平日の午前中注文が一番早い発送になります。
※購入を思い立ってからの最短到着時間のことをいっています。

 

いよいよ支払い完了!お疲れさまでした!

カート内で見積もりを確認した後は上記チェックアウト画面になります。各項目ごとに最終チェックをしてください。

クーポンコードだけはカート内でしか入力できませんのでご注意を。

HiLIQ決済はPayPalかクレジットカード(またはプリカ)ですね。しかしHiLIQではペイパルを切に推奨してます

PayPalをご存知でない方は下記リンクをご参照ください。

簡単にいえば、PayPalアカウントを作成し(無料)、そこにクレジットカード情報を登録すれば簡単決済が可能になります。

クレカ情報を店側に提示させないため、セキュリティに優れている点がメリット

しかしPayPalは店側との仲介決済をしてくれるだけです。なので、もれなくクレカ履歴は残ります。

奥さんにバレたくない、または履歴を残したくない方はコンビニなどでVプリカを購入しPayPalにサブ登録することもできますよ。


PayPalページで決済後、後は注文確定メールが着たら注文完了です。

 


もし、不安なことなどがあればサイト内のチャットを積極的に使いましょう。レスポンスも早くもちろん日本語で大丈夫です。

 

配送状況はどうなの?追跡など


私のOCS(日本専門便)追跡情報を例に載せておきます。発送完了メールは8月28に受信。

翌日には日本へ到着し佐川急便へ委託。31日に到着。注文して約3日ほど。

荷物の追跡発送メールの一番下に「追跡番号」が表記されてますのでクリックしてください

または、HiLIQマイアカウント内の、受注>荷物をトラッキングする、で追跡ページのアドレスが表示されます。

FEDEXの場合、経由地はSHANGHAI(上海)>GUANGZHOU(広州)>私の地域(中部地方)ではSENNAN-SHI(泉南市・関空)です。

それぞれの都市の横にCN(中国)、JP(日本)の表記があるので、いつ輸入されたかが分かります。

その後、日本の配送業者に委託されますが、お住まいの近くにFEDEX営業所がある場合はFEDEXが届けてくれます。DHLも同様。

 

ますます活気づくHiLIQ


私がHiLIQを活用しだしてから早3年ほど経ちますが、昔と比べて味もサービスも益々向上しています。

正直ここまで人気が出るとは思ってませんでしたが、これも日本を愛するHiLIQスタッフの努力の賜物でしょう。

いろいろお得になるVIP会員制度やマスコット展開。今ならコロナ特設ページを開設したり、マスク無料配布なども非常に助かりました。

特にユーザーのフィードバックを真摯に受け止めてくれる姿勢は群を抜いています。

私はこれからも応援していきたいですね。そう思わせてくれるメーカーがHiLIQなんです。

down

この記事にコメントする



プロモ&おすすめ記事

プロフィール

ガリ

ガリ

ご訪問ありがとうございます!スモーキングガジェットが大好きな40代のガリです。主にVAPEや加熱式タバコ専門で書いてます。みなさんのオモチャ箱みたいなサイトになればいいな! 【運営者情報/サイトポリシー】

Instagram follow us in feedly

カテゴリー

アーカイブ