GariGari-Studio

一線を画す!DISTRICT F5VE LAYERCAKE RDAを試してみた

time 2019/11/12


さて、本日は先日記事にしましたAF MOD 24にベストマッチするRDAを試していきたいと思います。もちろん個人的な価値観で。

その名もDISTRICT F5VE LC1 LAYERCAKE RDAであります。うーん、長い。

こちらは1年ほど前に出た製品。なので在庫もあまり無いんです。あってもSSは売り切れとかが多い。

で、どうしても欲しかったので色々調べたところ、ちょうど運良く海外で投げ売りしてるところを発見。約2,400円でゲットしました。

では、そんな話も含めながらLAYERCAKE RDAをイジっていきたいと思います。


高い?安い?そんなDISTRICT F5VE


米国メーカーのDISTRICT F5VE(ファイブ)はCSMNTシリーズやカスタムドリップチップなどが有名っぽい。


気になる価格帯は新作のCOSMONAUT V2が本家で45ドルくらい。なので、それほど高いってわけじゃなさそう。

このLayercakeも55ドルから約40ドルまで値下げされてました。

そして、さらにエゲレスのショップ「Custom Vapes UK」にて約16ポンドで大放出。※スマホサイトだと何故か20ポンド・・

しかし、郵送に12ポンドくらい取られるので実質4,000円ってところ。欲しい方はまだ在庫あり。(11/10現在)

クローンも出回ってますがこうしたケース付きじゃないのですぐ分かります。Fasttech / Layercake Styled


さて、レイヤーケーキRDAの特徴としては中央に配置された特大クランプ。それを1つのネジだけで組むというスタイルになります。

クランプといえばGOONですが、アチラよりもデュアルが組みやすかったですね。それでは詳しく見ていきましょう。

 

みんな大好き!シンプル&ローハイト


モノは24mm シングル・デュアルコイルデッキRDA。サイドエアフロー式でシングル1ホールでもイケます。そのため全閉不可。全長はドリチ含まず24.5mmほど。


GOON LP(右)と比較すると1mmほど高いのですが、中央のリングのせいか気にはなりません。24mmのお手頃クラスでは希少な部類かと思われます。


カラバリはSS、マットブラック、グラファイト(マットグレー)。それと、キャップ中央のリングが2色付属してるのでMODカラーと合わせやすいかも。

※リングはゴールド、ガンメタ、ブラックの計3色。その他、六角レンチ、BFピン、予備ネジ、Oリング等も有り。


ドリップチップは810。上のデルリンっぽい部分はネジで外れます。個人的にドーナツみたいだから速攻私物のに交換しました。


キャップ兼AFCの裏はドーム形状。スリーブもふくめて切り欠きなどのストッパーが無いため、やや煩わしい仕様。

ちなみに中央のリングもキャップを締めるまで煩わしい。※カチャカチャはいいません。


裏面にはMOD保護なのかズレ防止なのかリーク防止なのか不明ですがOリングが入ってました。あの「Let them~」のエッジが立ってるのでご注意を。

あと、ポジピンは割と出てます。元々ハイブリッドで使いたかったので、そこは海外動画などで確認済み。

やはり、中華アトマに慣れてるとキャップストッパーがいかに便利な機能なのかが分かります。しかもデッキベースが薄いのでMODから外しにくいってのもありますね。

ほぼ見た目で選んだので満足してますが・・。それではこのユニークなデッキへ移りましょう。

 

クランプが重なるレイヤードスタイルデッキ


この特徴的なデッキなのですが、セラミックを挟んで上がポジ、下はネガになります。ちょうどフォワードのコイル足をそのまま突っ込めるような構造。

ただし、よくある2ポストクランプと勘違いして2個同じとこに挿さないように注意したい。

そうなんです、1ポストなのであります。VandyのCapstoneみたいな感じですかね。


箱書きには「コイル足をポジピンに触れさせんなよ!」と警告が書かれてるので短いコイルでは注意が必要。

海外レビューなどを読むと、当初は中央のポジピンが露出してて接触しやすい状態だったとありました。値下げも先に悪評がついちゃったからかもしれません。


しかし、現行品はインシュレーターがせり出してるのでよっぽど触れずらい作りになってるかと思われます。※スプリングはなし。

もちろん、安全性を考えて距離をとることを念頭に入れねばなりませんので、クラプトンかパラレルとの相性が良いのではないでしょうか。

ネジ山はマイナス兼六角。セラミックの穴には上下パーツがズレないような処理がなされてます。ただ、あんまりネジを緩めすぎると上画像のように外れちゃう。

それと、ウェルはほとんど無いです。3mmほどかな。下のOリングもやや緩いのでドリッピングかBF主体ですかね。


デュアルビルドは個人的にやりやすい部類かと。よくある2ポストクランプだと両コイルを同じホールに挿さねばなりません。


一方、このLayercakeはそれぞれの足を独立して挿せるんです。もちろん支えは無いので、足を仮止めしたり予めカットすることを迫られますが・・。


また、1本ネジっていうのもどうかと思いましたが案外しっかりと固定されてました。


ビルドにおいては見た目だけで中身が無いヤツではありません。ただ、キャップの安定性を考えるとウェルがもうちょい欲しかったかな。

あとは許容できる範囲。価格を考えれば概ね満足度は高い。

 

いざセットアップ!味?ミストが出ればそれでOK


とりあえずNi80 28Gパラレルのデュアル0.25Ω。サイドホールとコイル位置がやや下なので上に少し空間ができる感じ。

エアは全開でやや抵抗有り。スカスカな部類じゃない。絞りは3分の1ほどまでが限界ですが結構ドローを重くできます。


それほどエアホールも広くないので吸引力が弱い方でも楽しめるんじゃないでしょうか。

とはいえDLアトマだと思うので、ミストの出が早いセッティングでないとエアが先に来て薄く感じるかもしれません。そこは出来るだけ濃いリキッドで炊きたいところ。


うーん・・・どうでしょう。海外のYoutuberが上げてるのを見てマネしただけなんですが、実はこのセットアップがしたくてLayercakeを探したんです。


自分はオラついてるデザインより無駄を排除したシンプルなほうが好き。でも、ちょっとサイバーチックなアクセントも欲しい。

それがこのセットアップで表現できてるかなと勝手に悦に浸ってます。完全に自己満ですけどね。


さて、VAPEもテク使ったり、POD吸ったり、メカいじったりと一向に飽きる気配がない。なんなんでしょうか。

しかし全ての気になる製品を手に入れ、全てのセッティングに精通していけばやがてその熱も冷めていくかと感じます。

ゆえに我々は永遠の初心者で有り続けることを自ら望んでいるのかもしれません。

書いてる人

ガリ

ガリ

ご訪問ありがとうございます!スモーキングガジェットが大好きな40代のガリ男です。みなさんのオモチャ箱みたいなサイトを目指してます!お問合せはコチラまで→ 【Contact】

Instagram follow us in feedly

カテゴリー

アーカイブ