GariGari-Studio

HiLIQ タバコゴールドからニコチン検出!今後は購入できない可能性大【7/5 調査結果報告あり】

time 2018/06/06

こんちはガリゲーです。お疲れ様です。大変なことが起きましたね。

みなさんは既にご覧になられましたか?「医薬品成分を含有する製品の発見について」の報告。私は先日、Twitterのタイムラインで知りました。(6/1)の夜出たんですね。

タバコゴールドからニコチン検出!」ですよ。

最初は「おいおい!最近ニコ関係のトラブル多いな・・」と半ば他人事のように思ってたんです。でも検出された2つのリキッドのうち、なんとHiLIQの画像があるじゃありませんか。


マジか・・ と。

HiLIQ、タバコゴールド」で検索すると私の記事が上の方にきますから「責任がないとは言えない状態」なの。※ページの削除はしませんが販売元へのリンク削除・注意喚起を追記しました。

まあ、このブログには免責事項が書いてありますし、それでどうかなるほどのことはないにしろ「言及記事」を書かないと何か気持ちが悪い。

ほんとはあまり書きたくないけど、今週月曜日に声明発表すると聞いてたのに音沙汰ないのでね。日大じゃあるまいし、いいかげん遅いわ。

尚、現時点(6/5)での詳細は東京都HPの資料のみです。

スポンサーリンク

いったい何が起きたんだ?

医薬品成分を含有する製品の発見について
都では、健康被害の未然防止のため、都民が購入可能な製品の試買調査及び成分検査を行っています。
今般、いわゆる「電子たばこ」のリキッドと称する下記2製品を都内店舗よりインターネットを介して購入し、成分検査を行ったところ、医薬品成分である「ニコチン」が検出されました。
ニコチンを含有するいわゆる「電子たばこ」のリキッドは、医薬品医療機器等法上、医薬品とみなされ、承認及び許可を受けずに製造販売することは、法で禁止されています。
当該品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。
なお、これまでに当該品による健康被害発生の報告は受けておりません。【東京都福祉保健部HPより】
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/06/01/04.html

いわゆる東京都福祉保健部による抜き打ち検査ってやつですか。意外に出てくるもんですね。この調子じゃ氷山の一角かも。

別にこのロイキンとHiLIQだけじゃなくメッサ買い込んだんだと思います。誰の金か知らんけど。その中からやっと見つけたって感じ。おそらくしたり顔。

だけど該当ショップには中止・自主回収などを勧告して「気をつけてね」ってことで終わってる。つまりメーカーであるHiLIQなどへの責任を問われてるのが現状。

それで最近発表されたSuzan女史の嘆願ツイートがコチラ。


要約すると、かなり少ない含有量なので健康には心配ないと思います!(*^-^*)。調査チームを立ち上げて早急に原因の究明にあたります!というもの。

ツイートだと比重計算なので、「は?」ってなるから分かりやすく書きます。

ロイキンのほうは30ml(29ml)中17mg。タバコゴールドは30ml(29ml)中2.4mg。表記ではこうか。17mg/29ml、2.4mg/29ml。

そして一般的なニコ濃度表記である「1mg/ml」で換算すると、ロイキンは約0.58mg/ml。タバコゴールドは0.08mg/ml。HiLIQ公式での最小ニコ濃度は3mg/ml(0.3%)。即死級のピュアニコチンは1000mg/ml(99%)。

私がいつも吸ってる6mg/mlに比べればロイキンは10分の1。HiLIQ タバコゴールドは75分の1の濃度というわけです。そりゃ普通に吸っててもキックもないから分からないだろう。

なので、メリットがほとんど感じられずショップ側がニコ添加して販売したということではないと思います(7/5確定)。明らかにメーカー側の問題(7/5確定)。しかし輸入して卸してる以上、国内での責任は問われるかと。

まさに今回の件で一番腹立たしく思ってる方々はユーザーではなく取扱ショップさんでしょう。HiLIQは日本ショップから完全に信用を失いました。

勝手なことは言えないですが、VAPEというのはまだまだ法整備がうやむやでどこか「だましだまし」というのが現状かと思う。メカでケガ人、ニコチン急性中毒で搬送っていうのがリアリティありすぎるレベル。

だって、取り締まる法がほとんど無いから

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000086466_1.pdf
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/0000143174.pdf (Q63)
http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html
https://www.mipro.or.jp/Import/qanda/itmes/goods/q22.html
http://www.health-net.or.jp/tobacco/menu21.html

これこれ、こうだからこうですよ?あなた法律違反ですよ?って言われても逮捕者が出ない限りニコリキというものを知れない(世間では)。なので、SNSとかでお互い注意喚起しあうってのが現状。

でも、それってかなり危ないことですよね。素人が素人に教えることで成り立ってるなんてどうかしてる(当然私も含む)。それに国から出てる情報も曖昧すぎて明確ではない。

VAPEはまだ若いカテゴリーです。メカやニコリキ以外なら大丈夫とかではなくて、早く確固たる法整備をしてもらいたい。アトマイザーだって現状は医療器具扱い。※輸入規制対象。

 

タバコゴールドは二度と購入できません!吸えません!って言われたら?


問題は「至宝タバコゴールド」ですよ。タール感満載で灰皿汁といわれているアレです。もう、吸えないと思うと少し悲しいですね。私は鉄観音さえあればいいですけど。

国内ショップは販売を自粛してますし、メーカーも今後積極的に卸さないでしょう。だとすればタバコゴールドはこの案件をもって終了となる可能性は非常に高い。

それと、タバコゴールドのニコチン含有の原因は精製工程で何らかの問題があるらしいとSuzanさんは触れている。

最近はTobacco Gold Ver.2なるものも販売されてますけど、どういうことでしょうかね。既に分かってたってことですか?

そういえば4月ごろ、どこかのショップがタバコゴールド生産中止って言ってたのが気になる。今回の件にからんでるのかは不明ですけど。

なので、その辺りの調査報告が近日中に発表されるかと思われます。


私がHiLIQを扱った記事を書いてた当時はもちろん今ほどの知名度はありませんでした。

それが今では割と周知されるまでに至った。いや、それ以上にKittyさんやSuzanさん、Tinaさんなどの日本に対しての愛情も後押しされてると思う。

現在、HiLIQは今までにない窮地に立ってます。

昔は今よりも高い濃度のベースが買えたり、リモートエリア送料上乗せ、アマゾンニコリキ騒動などいろいろありました。

しかし、それらはユーザー自身が注意を促し差し止めるという、どこか自分らでHiLIQを守る!っていう風潮があった。ただし今回のものは趣が違う。

完全に国からマークされたといっていいほどのことだし、追々国内で済む話ではなくなるだろう。だからただ私は言いたい。

私はHiLIQが好きだ

好きだからこそ1日も早く原因を明白にしてもらい、ユーザーの信用を取り戻してほしいと願います。それだけ。

 

そして調査報告が発表 (7/5 追記)

本日、TwitterにてHiLIQ側からの調査報告と自主回収のお知らせがありました。以下リンク先は公式ブログ。

>HiLIQ製の一部リキッドの回収のお知らせ

要約すると、国内限定リキッド3種(ゴールド、レッド、ゴールドメンソール)の原料にニコチンが微量に含まれていたことを認める。※開発時から把握。

よって、そのニコチンを除去するため社外工場に委託していた。そして今回の事案によりそこを調査した結果、工場側がコスト削減のためニコチン除去処理を怠ったというのが主な原因

それを踏まえて今後は委託先を変更。定期的にHiLIQ社内で品質チェック。日本食品分析センターへの成分分析依頼と結果の公表。そして製品の自主回収・方法などが盛り込まれている。詳細は上記ページにてご確認ください。

HiLIQは日本国内の法人ではないにせよ、製造元としての責任はしっかり果たすつもりだ。そしてタバコゴールドなどの製造中止とは言っていない。

みなさんはどう思われましたか。

スポンサーリンク

書いてる人

ガリゲー

ガリゲー

煙を吸ったり吐いたりばっかして!お母ちゃんそんなん嫌いや!アンタそんな子やなかった!。お問合せはコチラ→ 【Contact】

Instagram follow us in feedly

CATEGORY