GariGari-Studio

2本電池MODの必要性を【WISMEC プレデター】で考える

time 2017/08/21


Product offering by CACUQ

シンセンVAPEメーカーたちの乱発が止まらない昨今、いかがお過ごしでしょうか。そう、ガリゲーです、こんにちわ。

本日はCACUQ-CIGさんからのレビュー依頼で我が家にやってきたWISMEC Predator(プレデター)について考察していこうと思います。あざっすCACUQさん。

このCACUQって何?状態なわけですが、ホント分からないんですよ。一応アカウント作成してみたけど値段が表示されないし・・・。確か「個人」か「業者」の設定があったと思ったんですが業者になっちゃってるんですかね。

よく分かりませんので興味がおありの方はCACUQさんの謎を解明してください!カカク?カキュキュ?言い難いんですよ。

はい、ではこの既出感ハンパない「Predator228」を追っていくことにしましょう。あとデュアルバッテリーの私的必要性についても後半書いていきます。

スポンサーリンク

WISMEC Predator228 MODとは?


http://www.wismec.com/product/predator-228/

VAPEメーカー WISMEC(ウィズメック)。有名どころはハイパワー小型MODの「Reuleaux(ルーロー) RX」シリーズでしょうか。アトマイザーはTheoremがチラホラしてた記憶があります。

たぶん・・だけどJoyetech系列じゃないかなと。サイトの製品紹介ページとかクリソツだし、このプレデターもほとんどCUBOIDですからね。

機能は18650デュアルバッテリーで228WまでOKよ!版。他TC、TCR、プリヒート、オプションでモバイルバッテリー機能も搭載されております。

もちろん、短絡保護や逆入れ保護、10秒カットオフなどベイペンしてて困りそうなことは全てこのMODさんが請け負ってくれています。当然それがテクニカルMODの強みなわけです。

これは今年の3月くらいに発売されたのかな。で、もう型落ちみたいになってて以前より安価で購入できるみたい。うーん、CACUQさんとこで売値見れないから分からないんだが(笑)、だいたい4,000円代くらいじゃないでしょうか。

普通はこのプレデター、25mmのクリアロがついたキット販売が多いです。やはり特徴的なデザインに惹かれる方もいると思う。パフボタンはパネル式で上部だけクリックできます。

今や最強伝説なSMOKもこの手のMODが多い。巷では「SMOK-ALIEN VS WISMEC-PREDATOR」などと囁かれているとかいないとか。どうでもええわ。

では、ちゃちゃと確認していきますです。

 

プレデターMODを開封してみる

厚紙に覆われています。高そうにみえます。裏にはセキュリティコードが隠されたスクラッチあり。USBケーブルあり!これで何本目だ・・。だが、コイツは2A充電可能なUSBケーブルなのでちょっと高価。

私、以前からプレデターはゼッテー側面パネルがグレアだと信じ込んでました。実際はマットだったので一安心。握り心地もよくパフパネルも遊びが無い。

結構作りはガッシリしている印象。重さは電池2本で約260g。Cuboid(290g)で慣れてるせいかマシな重さかと思う。

510スレッド部分。25mm余裕です。あるのか知らないが27mmで面一くらい。だが、世間ではプレデターの510スレッドがヤバイ!というのが在って、絞めすぎるとアトマにゴソッ・・と持ってかられるそうです。

スプリングコンタクトの周りのパーツ。気になる方はDJLsb Vapesの動画でよく分かります。

こうして場末の私のとこまでレビュー品が来るということは「たぶん売れてない」からでしょう。1回こういうことを海外の有名Youtuberにやられちゃうともうダメですな。逆に改善に繋がってけば良いことなんだろうけど。

 

プレデターMODの使い方

説明書を見れば分かる。説明書をめくる→そっと閉じる。

手っ取り早いのは公式サイトからPDFマニュアルを落として、コピペ翻訳するのが一番分かりやすいかと思われる。説明書が画像の場合は無理ですけど。WISMECも画像でした。もっと英語勉強しろってことですね。

作成してる方からしたら「日本人って英語喋れるんじゃないの?え?ウソ!しゃべれんの?うわぁ・・」みたいな感じかもしれん。操作はほぼJoyetechやEleafと同じです。

操作ボタンはパフボタンと液晶の下(左- / 右+)を駆使して行います。いつも隠しコマンドを探しちゃう。

 

プレデターのセッティング

  • ON-OFF / パフボタン5回
  • モード切替 / パフボタン3回
  • モード / WAT、TC(Ni.Ti.SS)、TCR(M1-3) バイパスなし
  • モード選択 / プラス・マイナスで変更
  • モード設定 / 点滅中にマイナスボタン(左)
  • 操作ロック / プラス・マイナス同時でON-OFF
  • ステルス / マイナス、パフボタン同時でON-OFF
  • ロゴ表示、プリヒート、USBチャージ設定 / プラス、パフボタン同時

  • 電源オフ時の操作
  • 画面反転 / プラス・マイナス同時推し
  • 電圧表示 / マイナス・パフボタン同時長押し
  • TCR設定 / プラス・パフボタン同時長押し
  • バージョン情報 / 20連続パフ

特にこれといった特徴もないです。ほぼi picoやeVicと変わらない設定かと思われます。TCのワット調整や抵抗値ロックも可能です。あとパフ回数か秒数にするとかも。

プラスで選択、マイナスでさらに細かくっていう感じ。ただ液晶の解像度が低いので非常に見にくいのが難点。

それではこのプレデターの売りでもある「高出力MOD」の必要性について私的感想を述べていきます。



2本電池の必要性とは?高出力はホントに使うのか?

所謂、デュアルバッテリーのVAPE MOD。このプレデターもデュアル仕様(直列版)である。逆付け保護機能はありますが過信せず、正しい方向に挿入してください。

18650電池は2本とも同一メーカー、同スペックが好ましい(特にアンペア)。しかし外見や表記は一緒でもショップの仕入れ先で違ってくる可能性もあります。購入ショップも限定したほうが無難。

では、こういったデュアルMODにするとどうなるのでしょうか。

電池は非常にデリケートですし、抵抗値によっても扱いが変わります。一概にこうだから安全!コレはダメ!という絶対的な意見は述べられません。私は勉強中の身ですので「知りえて納得したことしか」書けないです。全てを鵜呑みにせず、先達方のサイトでいろいろな情報を漁ってください。

 

さて、デュアルのメリットというのは2本の電池が直列か並列かで運用による電池への負荷のかかり方が変わってきます。つまるところVAPEってヤツは電池のご機嫌取りなオモチャ。

直列(series)なら1本の電圧(v)が2倍でパワーアップ!に。並列(parallel)なら1本分の電圧だが2本分の電流(定格A)使えまっせ、だから許容範囲が大きくとれて電池持ちもいいっスよ、とういう大ざっぱな考えで私はいます。※そもそも今後、積極的に高出力MODなど私は購入しない。

ちなみにテクニカルMODの場合は当然基盤で制御してると思われます。その基盤を信用するかしないかはアナタ次第。私個人は全く信用していません。

 

メカMODでもテクニカルでも使う電池は一緒


海外VAPE情報サイト / VAPING360より

ソースは某海外サイトで翻訳しながら調べました。VAPEに関する電気的知識は小中学生の理化レベル。ですが、VAPEにはあらゆる要因が絡んでくるので、知識はもちろんだが「経験値」のほうが重要視される。

上記画像のリンク元はパラレル(並列)とシリーズ/スタック(直列)のメカニカルでの運用・注意点などを紹介しているページです。基本、メカでもテクでも電池は一緒なので考え方も一緒。

オイタをしても多少のことなら許してくれるのがテクニカルさんってだけです。しかし機嫌によっては許してくれないこともあるかも。

 

MODの2本電池タイプは諸刃の剣

18650を2本使用する並列ならば、電圧は変わらずに定格電流(例えばVTC5 20A)と容量(mAh)は2倍とれる。つまり電池1本でメカMODを使用するより「計算上でいえば」安全性が高いともいえる。

逆に直列つなぎのメカMODはかなりヤバイ。それこそ「このプレデター」を出しているWISMECのNoisyCricketがそれ。※現行品はパラレル。

使ったことあるわけないから実質の怖さは私では測れない。机上の空論でいえば1本-0.5Ωで35W相当だったのが、直列2本で150Wくらいかかる。より低抵抗なら言わずもがな。

直列つなぎの場合、満充電時には4,2V×2=8.4Vもの電圧となり定格電流は1本のまま・・という恐ろしい縛りプレイ。メカMOD運用するには抵抗値か電池スペックでしか変えられません。

例え安全許容範囲だといわれる抵抗値にしてみてもヘタなビルドでコイル足が外れる・・なんてこともありえる。

VAPE初心者がメカMODに手を出すなというのは「経験値」がモノをいうからだろう。覚えて吸うことなら誰でも出来るが、問題はトラブルが起きたときにどう対処できるかだ

あるいは経験(スキル)があるからトラブルが起こり難いともいえる。

 

テクニカルMODの2本電池!運用スタイルで必要性が決まる

まず巷で多い150W以上を出せるテクニカルMOD。これを必要としている人はどういう運用をしているのだろうか。ちなみに上記画像はプレデターにおける抵抗値によるワット数制限図です。

抵抗が少ないほど電流を多く流すことが可能で消費電力(W)はかかる。消費電力が多ければ当然ミストがバンバン出ますし、電池にも負荷がかかる。

私はCuboidを持ってますが、購入してから50W以上出したことがない。出さなくても十分ミストは出るし、高出力を出したとて味が出る前にイガることのほうが多い。

つまり私個人にとっては高出力は必要ない

ただ25mmのアトマが乗るってことと、テクニカルで低出力運用ならば電池持ちが1本よりさらに良い。そして経験として踏んでおきたかったことくらいでしょうか。

じゃ、誰が高出力を望むの?ってなります。

あくまで憶測ですが、2本はおろか3本でも足りないぜッ!てなくらいのクラウドチェイサー野郎か単なるデザインの問題だろうか。あとは熱容量の多いビルドコイルで高いワッテージをかけたい方。どのみち電池のお守は入れる数だけ行うのは必須。

こぞってVAPEメーカーは200W以上をもはやデフォルトな勢いでリリースをする。それに合わせて消費者は選ぶ、選ぶのだが・・もはや新商品は100W以上ばかりでどうしようもないのが現実。

100Wなんてかけるわけがないだろッ!ってことなら電池1本MODでいいはず。だけど未知なる体験をしたいという気持ちはVAPERなら少なからずありますよね。

何が言いたいかというと、こんなんばっか流行りだしたらメカ以上に怖いな・・と思うだけです。そう思うと未成年のVAPE禁止はあたりまえなこと。

メーカーは完全に欧米向けに製品を作ってる。もちろんVAPE人口が多いからだ。その分、知識や技術に長けてる「段階」を踏んできたVAPERが多いと推測。爆発事故も使用人口に比例してるので目立つのも当然。

または周りに情報を知れる機会が多い。日本人みたく、知り合いのVAPERは画面の中ってことも少ないだろう。

山登りの途中で「噴火口まで行かないで!」と書かれた看板があったことなど知らずに、ヘリで山頂まで行くようなものか。ヘリのパイロットを選ぶのも自分。ダメなパイロットや言語が通じなければ「それら危険」を判断できません。

なので、VAPEデビューでいきなり2本MODや3本MODはお勧めしない

あたりまえに分かってる方ばかりだと思いますが、テクニカルMODだから安全というわけではありません。VAPEで使用しなくても「怖い電池」を所持しているのですから。

 

総評:WISMEC Predator 228Wは買いか買いじゃないか?

Predator(プレデター)とは略奪者・捕食者という意味らしいが、アトマイザーの510スレッドを食って離さないほどのMODならそういう意味なのでしょう。

しまった、どうせなら皮手袋のほうが合ってたな。これいいんですよ手袋。爪伸びてようが、毛が濃かろうが関係ないですからね。ただ味気ない。

そんな怖いPredatorを購入する理由はデザインのみですかね。どことなく中二感漂ってますが私は好きです。気になるパフボタンも以外に良い。割と固いし、誤作動は起き難いかと。

どうしても欲しい方はもうちょい安くなるのを待ってからでも遅くはないかな。3,000円代くらいなら視野に入れてもいいMODだと思います。

その折にはCACUQさんをどうぞよろしく。※値段が見れないのは何故?

スポンサーリンク

CATEGORY