GariGari-Studio

VAPEを3年間吸い続けてきた俺の健康診断の結果!

time 2019/07/13


健康診断でD判定ばかりくらっちゃってる中年VAPERの皆さんこんにちは、ガリガリです。

えー、本日はですね、私の人間ドックの結果と照らし合わせながら「VAPEを吸って何か体調の変化が起こったのか?」を考察していきます。

これは、「見て見て!VAPEを吸ったから体おかしくなったよ!」または「VAPEは有害だ!」みたいなクソなネガキャンではありません。

単純にそういやVAPE吸って3年くらい経つけどなんか体調の変化あったっけ?みたいなもんです。はい。

以前にもアイコスを吸って1年経った俺の健康診断書を記事にしたことはあるんですがアレは約2年前。

もちろん今でもアイコスは吸ってますが今回はそこにVAPE(ニコチンリキッド含む)が加わることになったんですね。

なのでそんなスモーキングライフの中で起こったこと、または起こらなかったことなどを綴っていきたいと思う。



私の生活習慣や病歴


まずは軽く私の生活習慣スペックを記しておきます。

  • 喫煙飲酒歴約23年
  • VAPE歴約3年(ニコリキ含む)
  • 朝食ぬき・昼食軽く・夜食はガッツリ
  • コーヒー・辛いもの・刺激物大好き
  • 甘いものはほとんど食べない
  • 平均睡眠時間:約6時間
  • 運動はほとんどしない
  • 体型はヤセ型で気胸の手術歴有り
  • 大病歴・感染症などは今のところなし

今思ったけど誰がこんなオッサンの日常に興味あるのか書いてて恥ずかしくなってきた。不健康極まりないし。

まぁでも自分なりにVAPEと身体について一度整理しておきたかったのもありますからご勘弁を。俺はこうだけどオマエはどうよ?。じゃあ出しますよ的なノリで。

あと、上に付け加えると紙巻きをやめて約3年くらい経ちますね。アイコスは1日5本くらい。リキッド消費は1日2mlくらいですかね。酒は毎日2合。

こう書き出すとVAPE単体で凌いでるわけじゃないので何がどれに起因してるのかは不明ですが、その辺りも診断結果と織り交ぜながら分析していきます。

では恒例の市の人間ドックの結果を見てあれやこれや語っていくとしましょう。

※下の記事にあるリンク先は医療機関、製薬会社などのホームページです。

 

毎年ビビる健康診断の結果


うーん、これ3年分なんですがどうですかね。とにかくちょっとしたことですぐにC判定下されるので自分でも「なんでやんねん!」という気持ちは拭えません。

まず悪いのは身体測定と眼底、心電図?かなぁ。全体的にみればそれほどな印象です(と思いたい)。では詳しくどうぞ。

 

低いBMI値と黄斑部異常


自分はその名もガリガリですからBMI値は低い。通常18.5以上かな。177cmだと65kgはないとダメですね。ちなみにこのBMI値が低すぎると死亡リスクが高くなるらしいです。※やめろ。

一昨年なんて51kgですよ。マッチ棒というかゾンビレベルだったと思われる。普通に大盛りとか食ってるんですけどね。昔からなのでこれは体質の問題かと。

あと、いつも眼底検査で「黄斑部異常疑い」が出る。これで毎回要精密検査のお知らせが同封されるので飽きました。

自分は片側の視野がおかしくなる中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症)を患ってて体調によっては視野の中心が暗くなったり歪んで見えたりするんです。※治らないやつ。

大変なのは加齢黄斑変性なので50代以上になると注意してかなきゃと思いますね。視力は普通だけど老眼。

この辺りはVAPEを吸ったからどうだということはないと思います。何も変わらない。

 

血液検査全般


聴力、血圧も普段どおり。加齢とともに現れる高血圧でもないです。

血液一般はリンパ球が低いね。好酸球、好塩基球もちょいおかしい。難しいことは分かんないですが医者に説明された時点では特に問題ないとのこと。

免疫やアレルギーの類じゃないですかね。


お次は皆さん気になる肝機能にコレステロール。うーん・・・今年はビルビリンがHighから基準値(0.2-1.2)に戻りました。異常に高いと黄疸が出たり肝機能低下に繋がります。

これも1箇所だけで見るんじゃなくて全体の数値で判断するのでパスでいいんでしょうか。個人的に何もないと飲酒の免罪符みたいになってホントはよろしくないんだけど。

あとはガリガリなのでコレステロール値は低い。これも高すぎても低すぎてもダメなんでバランス良い数値を出すには適度な運動と偏食をやめることだと思います。


そして今年のC判定だったのは腎機能。尿素窒素低めです。全体的に体が低いね私。たぶんタンパク質が少ないかと。でもたった0.3でしょ?なのにBじゃなくCなんだ・・・。

こういった血液検査は前日の食事や1日ズレるだけでも違うので特に異常値でなければ気にしなくていいんじゃない(汗。

うーん、微妙ではあるけれど血液全般みても特に変わったという様子はありませんでしたね。もうVAPE関係ないかもしれん。

 

感染症や気になる肺機能


痛風ってのがよく分かりませんが酒飲みがなる病気なんですかね。調べたらプリン体がどうたらこうたらあったのでビール系に多く含まれてそう。

CRP(炎症)や代表的な感染症、便潜血はパス。ちなみにHIV検査も前に別件でしてます。もちろん陰性。今はネットで簡単に検査可能なので便利な世の中になりました。

そして肝心な肺機能ですがこれは自分でも確実に衰えてきてると分かりますね。吸うことは出来ても吐き出すことが結構ツラい。

普段から有酸素運動をしていないってのもありますが喫煙してるとどうしても呼吸が浅くなります(自分は)。

これは生活改善が必要なので普段から深呼吸を取り入れたストレッチなどをデスクワークの合間にやっていこうと思う。

特に喫煙者はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の危険性も孕んでるので肺活量の衰えは危険信号と認識していいかと。

もちろんそれとVAPEの因果関係は不明ですし個人の生活習慣もあります。しかし喫煙が起因することだけは間違いない(自分は)。

 

心電図・X線・エコー検査


心電図も毎回Bなんですがコレは放っておいていいんでしょうか。「不完全右脚ブロックわずかな右軸偏位」ってなんなん?と。

心拍数がもしかして早いとか?。OMRONのページ見るに標準値は60-100らしいのでパスします。

胸部X線は毎回これもまた自然気胸の胸腔鏡手術痕が出ちゃう。ちなみに気胸は3回やってます。初回のときなんて結婚式の撮影中に穴が開いたからシンドイなんてもんじゃなかったです。

あとX線で肺がんが見つかったら既に手遅れだと思うし2年に1回は胸部CTでも撮りたい。喀痰検査は一昨年でやめましたしCTは5年くらい撮ってないのでちと安心が欲しい。

胃部X線は他医療機関(胃カメラが上手い先生)で検査してるのでパスとします。ピロリも無し。


なんかこんなにプライベートな情報載せて大丈夫なんだろうか・・。よく聞くアクセス欲しさにYoutuberが危険に走るやつみたいになってきたぞ(笑)。

肝嚢胞疑いってなんなんすかね・・・。調べたら良性が多いってあるけど経過観察で大きくなってくるとヤバイみたいですね。他は石とかも無し。

話変わりますけど30代半ばあたりから急激に周りで尿路結石に悩まされる知り合いが増えてきました。言いたくないけど気絶するくらい痛いらしくて一人は気絶したらしいです。

原因も体質みたいでホウレンソウの食い過ぎとかじゃないみたい。そういえば忘れてましたがこの辺もVAPE関係ないですね。


さて、以上で診断結果は終了なんですが3年も吸ってれば何もないわけはありません。

診断結果には出ない私個人の体調の変化・症状を思い出せる限り載せておきます。

 

VAPE(ニコチンリキッド含む)を吸ったときの体調変化まとめ

虫歯が増えた気がする

甘味料・香料関係なくMTLで長いこと吸ってると歯が溶けそうな感覚になるときがある。※トルエンではない

実際にリキッドが口腔内にまとわり付くので念入りな歯磨きは必須かと思う。口内炎などの症状はないが歯医者へ行く頻度が多くなった気がします。

ほぼジュース(食品)と思っていいのであたりまえなことですけどね。

 

喉が痛くなる・むせる

喉が慣れてないときやMTLでのニコリキはむせます。特に通常よりも高い濃度に変えたとき。初期の頃は寝起に喉の炎症をおぼえました。

プルームテックも似た症状が出てます。あとはDL時の口の渇き。

 

肌がチカチカする

これは高濃度のニコチンソルトなどで症状が現れました。アイコスでもプルテクでも似た症状は出るのでニコチンによるものだと推測。

 

腹痛・便意

寝起の一服をニコチンソルトにするとまずお腹が痛くなりひどいときにはそのまま下痢になる率が非常に高い。

これをHiLIQのニコソルBにしたところ何故か症状が起きないことが判明。※あくまで個人談

 

倦怠感やめまい

これもまたニコチンソルト、または高濃度ニコチンリキッドのチェーンでよく現れます。キックが少なく高濃度な塩はやめ時が難しい。

特に昨今流行っているストロングゼロなどのアルコール度数が高いお酒と塩チェーンはバッドトリップ寸前になります。いい大人なので気をつけたいところ。

ほんまオマエはアホやなぁ。

 

まとめ 「VAPEは害ということを飲み込む」


VAPEを始めて約3年間。その経験のなかから言わせてもらえればニコチンリキッド以外は身体にそれほどダイレクトな症状は起きてません。

もちろんこれらの考え方は個人差があるからして断定はできませんし強いるつもりもありません。たとえばVGやPGアレルギーの方もおられるでしょうから。

そしてリキッドだけではなくワイヤーやコットン、アトマイザーなどは口に入るものであって全てが食品グレード品質でなければなりません。

ただ、それらを保証してくれるサポートも皆無なジャンルなため我々一人ひとりが声に出し情報交換をしていくことが割と重要だったりします。

なので今回は私の体験として提出した次第で、たとえ悪評だとしても出さないよりはマシとも正直思ってます。

世の中の食品のほとんどは製造工程も知らぬまま私達の体内に運び込まれて代謝されていく。

中には亜硝酸塩やリン酸塩、トランス脂肪酸などマスコミが疑心暗鬼にさせてきた添加物も多い。

それでも私たちは食って生きていかねばなりません。

VAPEに置き換えればやらなくても生きていけますが、「もしやるなら」ある一種の覚悟みたいなものは常に持っておくべきかと存じます。

もちろん当事者だけではないということ。それらのリスクがある趣味だということを再認識したいものです。






書いてる人

ガリ

ガリ

ご訪問ありがとうございます!スモーキングガジェットが大好きな40代のガリ男です。みなさんのオモチャ箱みたいなサイトを目指してます!お問合せはコチラまで→ 【Contact】

Instagram follow us in feedly

カテゴリー

アーカイブ